「Dominion」カテゴリーアーカイブ

なぜゲームがおもしろいのか?

 まずは業務連絡。
 ドミニオン、日本語に必要なリソースはBSWから、ダウンロードできるようになっています。一時はそれもできなくなっていましたが、先日試したところ、復活していました。

 やり方はパンディミックの日本語テストと同様です。まず、インストールフォルダーの下、localizedフォルダーを開き、language.txtをメモ帳などのテキストエディターで開きます。
 Dominion=de,enの一行を探し、Dominion=de,en,jaに変更し保存してください。

 まあ、今回もテスト扱いということで、お願いします。あくまで裏技です。最近プレーしていなかったので、いくらかグラフィックが追加になり、その分は作成していません。そのうちに、作って登録してもらいます。

 さて、本題の世迷い言シリーズパート2です。

 ソロプレーというものがあります。一人用のゲームを遊ぶことではありません。複数のプレーヤーで遊ぶゲームを自分一人で相手の分も担当し、そのゲームをプレイすることです。

 よく、ルールの確認をするため、ゲーム全体の流れを把握するために、行う人も多いと思います。最後までやり通すこともあれば、軽くすうターンのみ行うこともあるでしょう。

 また、本格的に勝利方法を模索するためにも行われます。

 ルールが複雑なゲームなら、ソロプレイだけでもやりがいはあるものです。しかしながら、当然、実際のプレーほどにはおもしろくないですね。

 なぜ、ソロプレーでは満足できないのでしょうか。

 前回、興味と知識量の話をしました。全く知らない状態と、すべてを知っていると思っている状態では、興味がわかないという趣旨でした。

 ゲームの本質は、相手がいることです。相手とは?もちろん自分でない人です。

 ソロプレーでいくら自分の考えを自分用と他のプレーヤー用と分けて考えてゲームを行っても所詮自分自身です。相手のプレーを行っている自分は、自分の考えを知っており、逆も真です。

 ソロプレーはそのゲーム自体が提供してくれる情報を確認すれば、その時点で知りたいことはゼロになります。そこで、興味が潰えるわけです。

 他の人とプレーをするとき、いくら相手がへぼプレーヤーで考えが読めるにしても、本当にそうするのか相手を100%知ることはできません。だからこそ、ゲームはおもしろいのです。

 相手が実際の人でないゲーム、古くはゲームブック、ソロゲームも遊べる対戦格闘ゲーム、プログラムされた思考ルーチンがとても強くなっている、将棋・チェス・バックギャモンなどはどうでしょう?
 いわずもかな、対戦相手はいませんが、実際はそれを作った人と対戦しているわけです。いくらかの調整はされているでしょうけれど。
 それは、それで楽しめます。相手側の動きや仕組みが完全にわかってしまう期限付きですが。

 さて、いつも同じ相手と対戦するのはどうでしょう。当然、相手の正確、対戦パターン、表情などで読み取れる情報などは学習され、だんだんと相手のことを知るようになってきます。

 これも前回お話ししましたが、どの程度相手の状態をしれば、興味が最大になるかは個人的なものです。初見の人と対戦するのが好きな人もいれば、同じ人との対戦を繰り返すのが好きな人もいます。

 BSWでは両方の楽しみを提供しています。

 ログイン直後にはいる、ゲームマネージャー、他のサイトだとロビーに当たる部分ですね、そこには、募集されているゲームが次々と表示されます。これで、見知らぬ相手との対戦が可能です。

 また、侍村・日本人村をはじめとする都市制度と、同じゲーム好きの人が集まっているギルト制度は、後者の同じ仲間内でのプレーを好む人が利用できます。

 とくにオンラインですから新しい人との対戦は、リアルのプレーヤーさんに不足しがちな、新鮮な経験を提供してくれますよ。やりなれたゲームでも、対戦相手次第で、別ゲームになり得ますからね。

 場数を踏んでいるプレーヤーさんですと、リアルの対戦でボード以外の情報に惑わされた経験もお持ちでしょう。よくリアルのプレーヤーさんがBSWで遊ぶ理由としてお聞きするのが、ゲーム自体に集中できるというものも、あります。

 まあ、新鮮な対戦相手を求めて、リアルに飽きたらBSWへ、BSWへあきたらリアルのゲームへと、使い分けてみてはいかがでしょうか。

ドミニオン、日本語版復活について

 内容が古くなっております。日本語化の最新情報はブログ内を検索してください。日付の新しい情報が、当然最新です。

 Hi!

 BSWでは法律的なごたごたは、フォーラムやHPなど、公的な場所で詳細を伝えられることがありません。ですから、今回の各国語版が使用できなくなった理由が分からないのです。

 私はリアルではこの20年間、ボード系のゲームを買ったことがありません。しかし、ドミニオンについては日本語版が出れば、田舎に帰ったときに、弟と遊ぶのに購入しても良いかなと思ってました。

 残念ながら、今回のごたごたで、購入意識が吹っ飛んでしまいました。ドミニオンと他に、日本語版がある、バトルラインでも買おうかと調べていたんですけど。

 未だに、出版社側の誰かが、BSWが販売促進に少しは役に立つことを理解していないというのは、残念です。もともと、ドミニオンをBSWに載っけた意義はそこにあったんだと思いますし、ドミニオンブームの何パーセントかはBSWによるところもあったはずなんですけど。

 今回の各国語版利用停止の背景を推測すると、次の理由が考えられます。

 1.オリジナル版の出版社が、ドミニオンが世界的に販売できるゲームに育ってしまったため、販売戦略を変更して、停止させた。
 2.ゲームのデザイナーの意向により、停止。
 3.各国語版の出版社からの横やり。
 4.BSWで各国語版を作成している翻訳者が、出版物の表現を勝手に利用して、それが問題になった。

 1は可能性が少ないですね。今まで、この出版社のゲームはBSWにどんどん登場して、各国語版の作成についてストップがかかったことはありませんから。

 2はやや可能性がありますね。デザイナーがアメリカ人、権利についてはうるさいでしょうから。得に、ここまで世界的に売れるゲームに育ってしまっては、色々言い出す可能性はあります。

 3がいちばんありそうです。各国語版の出版社は、BSWの意義を理解している可能性は低く、また今回のドミニオンブームにはBSWも役割を果たしていることを理解できないでしょう。たぶん、単に販売中のゲームを勝手にオンラインに載せては、販売数が落ちてしまうとしか考えられない人達でしょう。

 4もあり得ます。基本的に私は翻訳した表現は翻訳者にも権利があると考えています。そこら辺は各国の著作権法によりますね。しかし、こういった誰でも利用できる場所に載せる場合は、地方出版社にその各国語版の言葉をそのまま使用しても良いかは、問い合わせ、合意を得るべきです。

 さて、日本語版復活を待っていても、いつになるか分かりません。

 ここで、個人的に復活させる方法を、ご紹介しましょう。

 まず、BSWをインストールしたフォルダーを開いてください。

 インストールフォルダー
  +localized
   -language.txt
   +ja
    +strings
     -Dominion.string_UTF-8
    +images
     +Dominion
      -abenteurer.jpg
      -ablage.png
      (以下たくさんの画像ファイル)

 簡単に、関係あるフォルダーとファイルのみ示しています。先頭+がフォルダー、-がファイルです。

 幸運なことに、今までに日本語版で遊んだことがある方は、簡単ですよ。日本語表示に必用なファイルは、自分で削除しない限り、残っているはずです。

 インストールフォルダーの下、localizedフォルダーの中にあるlanguage.txtをテキストエディターで開きます。原則ABC順で並んでいます。Dominion=de,enと書かれている行を見つけてください。そこをDominion=de,en,jaと修正します。jaをカンマで区切って付け加えるわけです。カンマはもちろん半角文字ですよ。

 これだけです。これで復活します。

 ただし、このlanguage.txtはBSWからしょっちゅうアップデートされてしまいますから、そのたびに、つまり日本語で表示されなくなったら、もう一度、修正をしてください。このくらいの手間はかけてくださいね。

 さて、今まで一度も日本語版で遊ぶ機会がなかった方、もしくはインストールしたフォルダーを消してしまった方はどうしましょうか。

 自動的にインストールされる可能性はありません。つまり、ファイルを持っている方から譲ってもらうしかありません。もし、お友達がいればその方から個人的にもらってください。

 日本語版のファイルを持っているお友達がいなければ、日本人プレーヤーに会ったときに、この話をし、ここのブログの内容を伝え、もらえるか尋ねてください。ただし、技術的なことが分からない方もいらっしゃいますから、協力してもらえなくても、恨まないでくださいね。

 私がログインしているときであれば、/tell HiroQwsとやってもらい、ドミニオンの日本語版のファイルが欲しいとチャットしてください。忙しくなければ、お譲りします。

 一応、日本語版を作成した人間として、ユーザー間で譲り合うことは、許可します。ただし、サーバーに載っけて、大々的に公開するのは止めてください。それがもとで、トラブルが起きると、問題がこじれる可能性があります。

 必用なのは、インストールフォルダー下の\localized\ja\strings\Dominion.string_UTF-8ファイルと、同じく\localized\ja\images\Dominionフォルダーとその中身のグラフィックファイルです。

 これをもらい、同じ場所へコピーして、その後でlanguage.txtを修正します。修正する内容については、既に日本語版を遊んだことのある人の場合と同じです。

 もし、クライアントの動作中にこれを行っていたら、一度、クライアントを終了して、起動し直し、ドミニオン部屋へ行ってみてください。日本語で表示されているはずです。

 この方法でしばらくしのいでくださいね。もう少し、成り行きを見守りたいと思います。

 追記:

 どうやら、フランス語版を除いて復活の見込みはあるようです。

 今回の騒動は、フランス語版出版社が、自分のところのサイトでドミニオンをプレーしてもらいたくて、もしくはBSWでオンラインのプレーをしてもらいたくなくて、引き起こしたようです。詳しい詳細は分かりませんが。

 

 追伸の追伸:

 次のゲームは大体3週間後くらいにリリースされるようです。先行情報でした。

 多分、まだ開発中ですね。なにか、協力型のゲームとかいう情報もあります。

ドミニオン、只今ドイツ語と英語のみになってます

 内容が古くなっております。ドミニオン日本語化に関する情報は、このブログ内を検索してください。日付の新しいものが、当然最新です。

 Hi!!

 現在、ドミニオンがドイツ語と英語でしか遊べなくなっています。

 法律上の確認が必要とのことです。

 詳しいことが分からないので、どうなるかもお答えできません。

 詳細は、分かり次第。

ドミニオン、日本語版発売決定

 Hi!

 ドミニオンの日本語版、かねてから噂されていましたが、ホビージャパンさんからの出版が決まったようです。まあ、ドミニオンで連日検索をかけている方には、何を今更とお思いでしょう。w

 

ホビージャパンさんのリリースの発表

 実は発売される日本語版とBSWの日本語版での名称を合わせようと思い、ホビージャパンさんに連絡をしようとHPをあさりましたが、見つかりませんでした。

 そういえば、インペリアルの時に、同様に探したけれど、見つからないので、そのままにしていたような気が…

 人気ゲームです。人気の数パーセントはBSWも貢献していると思います。もし、ホビージャパンの関係の方で、こちらをご覧になった方がいらっしゃったら、是非ご連絡いただけないでしょうか。

 当然、BSWの日本語版を、御社の日本語表記と合わせさせていただきます。

 BSWはオリジナル版権者と契約を結び、オンラインでリリースしているそうです。決して、無断でオンライン化しているわけではありません。出版元にとっても、一種の広告媒体として利用価値があると見なしているのだと思います。

 さらにボードゲーム、カードゲームなどの裾野を広げるため、無料で開放されています。

 私は縁あって、BSWでリリースされたゲームの日本語化をお手伝いさせていただいております。BSWのスタッフではありません。ボランティアです。

 カードの英語またはドイツ語名と、それに対する日本語翻訳名を教えていただくだけで結構です。

 ぜひ、よろしくお願いいたします。

 また、ホビージャパンさんに顔が効くぞという方がいらっしゃいましたら、是非、連絡先を紹介していただきたいと思います。

 皆さんのご協力をお願いします。

ネタ、ドミニオンの新カードを勝手に想像しよー!

 Hi!

 先々週は更新をがんばりました。先週は新しい投稿を控えました。

 まあ予想通り、ドミニオンを目当てにいらっしゃる方が多く、その中のごくわずかがBSWにいらっしゃいます。結果、このブログのアクセスは多くなりましたが、参加人数は思ったほど増えません。

 頻繁に更新しても、前の情報が見づらくなってしまうので、控えめに戻すことにしました。ブックマークしてご覧いただいている方もいらっしゃるようです。ありがとうございます。これから、しばらくは週に一回見ればオッケイです。

 私のHPの方ですが、サーバーの設定を変更したため、アドレスが少しばかり変わっています。今までは必ずhttp://bsw.jpn.org/BSW…と必ず/BSWがついていましたが、http://bsw.jpn.orgでアクセスできるように変更しました。当初からこの形式にしたかったのですが、ホスティング会社にもっと金を払わないと設定できませんでした。今回、無料でこの形式にできるようになったため、変更しました。
 もし、HPの方をブックマークしていただいてる方がいらっしゃいましたら、変更していただければ幸いです。でも、そんなに何回も読み直す内容ではないかも知れませんね。w

 さて、そろそろドミニオンの「こんな新カードが出るのではないか」という予想も、ちまたに色々と出始めていますね。

 うちでもやろうと思います。しかし、他とは違ったテイストです。ゲームシステムがくずれるとか、バランスが悪くなるとか、関係無しです。まあ、ネタですから。w

王国:コスト19
 カードのプレイ時、手札を公開し、中に金貨と州土が含まれているのを証明する。このカードのプレイ後、ゲームは終了し、手番プレーヤーの勝利となる。

 カードの効果に対する、コスト19という数字が、いやにリアルであるという、それだけのネタです。

乞食王:コスト3
 +1購入
 手札の中から3枚、同時にプレイした場合(消費アクション数は1でよい)、その時点でゲームは終了し、デッキの総枚数が多いプレーヤーが勝利する。1位のデッキ枚数が同数の場合、デッキ中の勝利得点カードの枚数が多い方を勝者とする。それも同数なら両者とも勝者とする。

 カード枚数を集めるのが有利となる、デッキ圧縮とは逆の傾向を促す傾向のカードが、庭園一種類というのは寂しいから。w

豪邸:コスト5
 +1アクション
 最初、または2番目にこのカードの在庫がなくなった時点で、ゲーム終了とする。その時点で、デッキ中のこのカードの枚数が多かったプレーヤーの勝利とする。同数の場合、総勝利得点の多い方を勝者とする。それも同数なら、両者とも勝者とする。

 ついでだから、勝利条件を増やすカードがもう一つくらいあっても良いんじゃないかと。w

会計士:コスト4
 手札を公開し、中に含まれる財宝カード(コインね)と同じ種類のカードを1枚在庫から入手する。

 強制的に入手ですから、銅貨が含まれているときに使いにくいカードですね。うまく使えば、強いです。はい。w

天使:コスト3
 プレイ時に手札中から金貨または銀貨を一枚山札の脇に置いておく。捨て山に送らない。
 脇に置いたカードが、金なら一枚、銀なら5枚たまったら、それをゲームから除外する。
 王国カードから3種類のカードをプレーヤーと右隣のプレーヤーが選び、その6枚をシャッフル、プレーヤーが4枚ドローして入手できる。残りの2枚は在庫に戻す。

 ゲームバランスなんか無視です。w くえっくえっくえ、ちょこぼおおおおるうううう。びぽぴぽ。w

黒魔術師:コスト4
 プレイ時に3種類の中から選択可能
 1.+2コイン
 2,+1コイン、+1購入
 3.+2購入

 某トレーディングカードゲームからの、友情出演です。

黒魔術少女:コスト4
 プレイ時に2種類の中から選択可能
 1.+2アクション、+1購入
 2.捨て山に含まれている黒魔術師の数ー含まれている黒魔術少女の枚数分だけ、財宝カードを入手できる。

 こちらも友情出演です。w

白魔導士:コスト4
 プレイ時に3種類の中から選択可能
 1.+2アクション
 2.+1コイン、+1購入
 3.+2購入

 黒もあれば、白もあった方が面白いかなっと。w

白魔導少年:コスト5
 プレイ時に2種類の中から選択可能
 1.+2コイン、+2購入
 2.山札に含まれている白魔導士の数ー含まれている白魔導少年の枚数分だけ、得点カードを入手できる。山札は、クリーンアップフェイズの直前に、全部捨て山に流す。

 少女もあれば、少年もあった方がいいかなっと。w しかし、強すぎますね、2番目のアクションは。謁見の間を利用して、一気に州土を大量獲得できちゃいますよ。w

錬金術師:コスト5
 得点と金額を変換できる。手札の財宝カード(複数可)、もしくは得点カード(複数可)をゲームから除外し、財宝カードならその合計金額分と同じ得点になるように、在庫から得点カードを得る。得点カードなら、その合計得点と同じ金額になるように、在庫から財宝カードを得る。

 つまり、得点と金額の1:1の等価交換を行うカード。通常はコインを得点に変換することになるでしょうが、逆を行うことで、早く得点カードの在庫を減らして、ゲーム終了へ持って行ける可能性も秘めたカードです。今はやりの時短ですね。w

道化:5コスト、攻撃
 右隣のプレーヤーのターンを一回飛ばす。同一ターンにこのカードを更にプレーできる場合は、次の右隣のプレーヤーのターンを一回飛ばす。本人を含めた全員がスキップの対象になった場合は、発動できない。
 同点得点時のプレーヤーターンの回数には、スキップしたターンも含める。

 やっぱりカードゲームに、スキップはつきものでしょう。w スキップしても、その回数をメモっておくのは面倒なので、勝利条件の判定時は、スキップしても、ターンをこなしたことにしておきましょ。w

神父:4コスト
 クラスのなかで、好きな子を一人告白する。
 その内容の重大さにより、金貨、銀貨、銅貨のどれかを1枚入手できる。他のプレーヤーが相談して決める。

 もちろん、金貨を獲得できるような重大な告白をしたときには、カードを渡しながら、「金ドン賞、けってーーーい!」と叫んでください。同じ名前を告白しても、衝撃度が落ち、銅貨しか入手できなくなると言う、考え抜かれたカードです。w

税収官:5コスト:攻撃カード
 全てのプレーヤーは手札を公開し、財宝カードをゲームから除外する(トラッシュ送り)

 きゃーー、ゲームバランスがーーー。w

七賢人:4コスト
 +1購入
 手札を公開し、中に7種類のカードが含まれているのを証明する。
 含まれていれば、ゲームに使用していない王国カードでコスト10以下のカードの中から1枚入手できる。

 役に立つのがゲームの後半であるという、使いどころの面倒なカード。けど、ゲームに沢山のバリエーションをつけてくれるという点で、おもしろいかも。

占い師:4コスト
 「財宝」「アクション」「勝利ポイント」のどれかを宣言し、自分の山札から1枚目めくる。
 あたっていれば、金カードを1枚、入手できる。
 外れた場合、そのカードをゲームから除外する。

 コインカード主体デッキの人には、とても便利なカード。このカードが使用王国カード10枚に入ったら、コイン主体のゲーム合戦となることを祈って。w

錠前士:4コスト
 2通りのどちらかが使用できる。
 1.財宝カード以外の在庫の上に、手札から一枚財宝カードを表にして置くことができる。
 2.在庫上に乗っている、財宝カードを一枚、取り除くことができる。(トラッシュ送り)
 在庫の上に、財宝カードが載っている場合、取り除かなくては購入できない。カードを取り除くためには、手札より同じ財宝カードを一枚、トラッシュに送らなくてはならない。

 我ながら、なかなか面白いカードだと思います。これは。w

侍:5コスト、攻撃カード
 +2コイン
 一人のプレーヤーを指定し、その手札から一枚を指定する。それを公開し財宝カードだった場合、全手札を公開、財宝カード全部を、捨てる。

 ピンポイント攻撃シリーズ、その1。

忍者:5コスト、攻撃カード
 +1アクション
 +1コイン
 一人のプレーヤーを指定し、その手札から一枚を指定する。それを公開し得点カードだった場合、全手札を公開、得点カード全部を、トラッシュに送る。

 ピンポイント攻撃シリーズ、その2。

暗殺者:5コスト、攻撃カード
 手札から3枚を一度にプレイする。(アクション数は1消費でよい)
 嫌いなプレーヤーを一人指名し、ゲームから除外する。
 ただし除外プレーヤーは、勝利条件を満たせば、勝利することはできる。

 ピンポイント攻撃シリーズ、その3。

判事:3コスト:防御カード
 +1アクション
 攻撃時にこのカードを他のプレーヤーに見せ、手札から財宝カードを1枚捨てる。
 しかけられた攻撃の効果をしかけた本人に適用する。

 防御も、強くなります。w

見張り台:5コスト
 手札より、一枚カードを公開し、全プレーヤーの見える場所へ置くことができる。このプレーヤーの次のターンの最初に捨て山に送る。
 カードがおかれている間、全プレーヤーはこのカードをプレイすることはできない。

 おお、プレイ制限カードも追加だ。

彫像:10コスト、勝利得点カード
 ゲーム終了時に、2ペアごとに25勝利得点を得る。

 25勝利得点というのは微妙なんですが、まあバランス無視と言うことで。w
 けど、得点が大きいが、2ペアでないと得点にならないというところがミソです。w

長者:5コスト、攻撃カード
 手札から、カードを2枚、指定したプレーヤーに渡す。

 やっぱり、こういう妨害カードも欲しいですね。トップ目を妨害するためにも。最初に勢いづかれると、追いつけませんから。コインばかり、購入する輩はねらい打ちされます。ww

詐欺師:4コスト
 カードの名前を宣言し、手札から一枚裏返したまま、選択したプレーヤー一人に渡す。
 そのプレーヤーは受け取ってもよい。受け取った場合、手札に入れる。
 断った場合、表に返す。宣言通りなら、断ったプレーヤーの手札を1枚にする。宣言と違っていたら、使用プレーヤーの手札を1枚にする。

 発動プレーヤーも被害を被ることがあるので、攻撃カード出なく、通常のアクションカードにして欲しいですね。駆け引き系のカードが欲しいので。w

貿易商:5コスト
 手札の中から4枚まで選び、在庫へ戻すことができる。戻したカードの総コストと同数になるように、在庫からカードを入手する。(銅貨は1枚まで)

 改築と同系統のカード。在庫に戻すのがミソ。終了条件が満たされるのを妨害しつつ、雑魚カードをまとめ、高機能カードへと変身させてしまう、とても強いカード。
 改築メインデッキに挑戦しましたが、一度も勝てないので、あきらめました。けど、この手のカードがあれば、夢を実現できるかも。w

 以上、「本当にこんなカードが出るのか」と言わないでくださいね。w
 あくまでも、妄想、ネタですから。ww

ドミニオン、泥棒さん大活躍

 Hi!

 泥棒さんですが、人気薄です。

 けど、大活躍した状況もあります。印象深かったのは2つです。

 一つ目は、村と泥棒を合わせて来たプレーヤーです。最初はそれほど回数が多くなかったので、気づきませんでしたが、途中から牙をむきだし、他のプレーヤーのコインというコインを除去し出しました。気づいたときには回復できないほど、ダメージを負っていました。見知らぬ相手との対戦でしたが、3Pで、そのプレーヤーさんが勝利しました。

 もう一つは、いわゆる濃縮デッキ対策です。

 枚数を少なくし、有効で強いカードを主体にデッキを育てる、この手ではコインカードが金だけという場面が理想的ですが、それを行ったプレーヤーからどんどんと金を巻きあげたのが、とても印象的でした。勝敗は憶えていません。たしか日本人同士でやった4Pだと、思います。

 状況次第で、どのカードも最強になる可能性はありますね。

ドミニオン、こちらへどうぞ

 ドミニオンが人気ですので、「初心者で、心配だから、日本人と遊びたい」という方のために、侍村にドミニオン部屋を立てました。ドミブームが続くまでの限定です。一応予定は来年の2月末ぐらいをめどにしますが、人気が続くようなら、もうちょっと伸びます。

 始めてこられて、様子を見たい方、日本人とまず遊びたい方はこちらへどうぞ。

 クライアントを立ち上げ、/game C102-36で移動できます。(私が侍村を抜けると、この部屋は無くなってしまいます。代わりにC102-30を使用してください。)

 外国人が遊んでいるかも知れませんが、まあhiとでも挨拶しておけばいいですよ。

 環境は後で整えます。とりあえず。速報まで。

ドミニオン、攻撃カードの強さ

 ドミニオンの攻撃性のカードの強さは、比較的弱めですね。

 大抵、自分以外のプレーヤー全員に被害を与える能力ですから、広く浅く、影響を与えます。

 プレーヤ人数が増えれば、それだけ、自分が攻撃を受ける回数は多くなる可能性がありますね。相手プレーヤーが増えるわけですから。

 あなたが、攻撃する場合、プレーヤー人数が増えれば、ダメージを与えられる人数が増える分、強力になるといえますが、同時に、倒すべき相手も多いのだと考えれば、この点は相殺されそうです。

 個別にカードを見ていきましょう。

 市民軍、強いです。安いです。人気者です。w
 ただ、手札を3枚にする効果は、一度3枚にしてしまえば、重複しません。3P以上で遊ぶとき、相手プレーヤー2名以上がこのカードを使っても、被害は一度で済みます。デッキがある程度完成すると、3枚でも回るようになりますから、攻撃力は後半に行くに従って、落ちていく可能性があります。

 魔女。高めですが、人気です。
 勝利得点ー1の災いカードには、枚数の制限がありますから、早めに投入したプレーヤーが有利になります。災いカードがなくなれば、攻撃力は0になりますね。それまでに、相手のデッキに十分な妨害になるように、災いをもたらしましょう。

 官僚。攻撃能力と言うよりは、銀が追加され、スタックの一番上に来るという能力で、財政面から投入されるカードです。とはいえ、得点カードが手札に入っていれば、山札のトップに戻すことは、次のターンは手札ー1されると言うことですから、結構、妨害力もあります。

 スパイ。+1カード、+1アクションがついていることから、もっと人気が出ても良さそうなものですが。
 いまいち伸び悩むのは、能力が使いにくいと言う点ですか。各自の戦術を知っていないと、カードを山札に残すべきか、捨て山に流すべきか決定しづらいですから。

 泥棒。これも人気薄です。
 妨害能力だけで、+カードとかコインとかいう、おまけがありません。
 ゲーム後半で、銅貨=コイン1価値を引いた場合、自分のデッキに入れれば、自分のデッキが薄くなる、除外すると、相手のデッキが濃くなって、相手を助けることになる、使い方が難しくなります。
 とはいえ、相手が濃縮デッキで、持ち金が金メインとかなら、どんどん盗むのは、重大な被害をもたらせることもあります。

ドミニオン、長官と数え上げ

 Hiho!

 くぼた屋さんから、招待状をいただき、mixiへ行ってまいりました。

 悪口もなく、またほめられてもおらず、リンクの紹介だけでしたよ。しかし、同じ記事から飛んできてもhttpが違っちゃうのは困りものです。まあ、更新されるとその都度新しいidがアドレスの最後にくっつくのでしょうがないでしょうけど、ログを見る方としては、どきどきものですね。

 くぼた屋さん、フルフルさん、ありがとうございました。mixiの機能でお礼を伝えたかったのですが、まだ理解できていないため、こちらにて御礼もうしあげます。

 さて、私ですが、BSWでゲームを遊ぶときにも、普段はゲームの解析や作戦を練ると言うことを全然やりません。ですから、勝率が悪いんですね。w 楽しめりゃいいやという感じです。

 今回、普段やらないことをやろうとしたのは、ベテランプレイヤーさんならまず常識でしょうが、コンポーネントを分析したり、作戦を立てたりするやり方を、初心者ゲーマーの方々にレクチャーする目的でやってます。初心者の方々には、こういった情報は役に立ちますからね。まあ、昔打った篠塚、…いいや、昔取った杵柄ですよ。

 確率は確率です。デッキが20枚で、重要なアクションカードが4枚含まれていて、毎回5枚のドローをするとします。すると、毎回1枚手札に入る計算になります。いわゆる期待値というやつでしたっけ?

 けど、実際にプレーすれば、こんなに均等に現れてくれるわけでなく、ある時は全然出なくて、ある時にはまとまって手札に入るなんてことが起きるわけです。

 例えば、20枚のデッキで、重要なカードが4枚、現在、山札10枚、捨て山5枚、手札5枚だとしましょう。

 捨て山と手札のカードの内容は知っているわけです。そこで、既に重要なカードが3枚出ているとしたら、山札10枚中、重要なカードは1枚しか残っていません。

 逆に重要なカードが1枚しか出ていないとすれば、残りの3枚は山札10枚に含まれています。

 まあ、ドミニオンを普通にプレーすれば、ここら辺は感覚で、山札が濃い、とか薄いとか分かるようになります。残念ながら、これはコントロールできません。

 しかし、これをコントロールできるのが長官です。このカードプレイ時に山札を全部捨て山に、送ることができます。次のドローはシャッフル後の新しい山札になりますね。

 自分のデッキで山札が濃いのなら、そのままにして+2コインの能力だけを使う、山札が既に薄くなっているなら、山札を捨て山に流して、+2コインももらうというわけです。

 これを有効利用するには、自分の重要カードが、捨て山、山札どちらに含まれているのかを数えておく必用があります。数え上げとか、カウンティングと呼ばれます。

 一般的には、あるゲームをするときに、全部の要素を数えて、憶えておくのは普通の人にとって無理なことです。そこで、重要なものだけに絞って、それを数えて憶えておくと、ゲームを有利に運ぶことが可能です。

 自分のデッキ中の重要カードがどちらに何枚あるのか数えるのでしたら、そんなに難しくないでしょ?

 けど、まあ、実際のところ、他のカードが強いので、このアクションカードは、使われることがあまりないですね。さらに、ぶっちゃけると、長官自身が、デッキシャッフル後、直ぐに手札に入ったりして、役に立たないこともありますから。

 まあ、今日は初心者向け、カウンティング講座と言うことで、お許しを。

ドミニオン、初手購入の2枚が手札にはいるのは

 神様にお願いするしかない、初手の確率は、どんなに考えても、祈っても変化しません。

 せっかくここまで考えたことですし、ちょっと役に立ちそうなこともやってみますね。

 1ターンと2ターンで王国カード、特にアクションカードを買ったとしましょう。

 アクションカードの中には、単独で手札に入ってもらいたいものと、他のカードと一緒に入ってもらいたいものがあります。

 例えば、作業場(コスト4までのカードがもらえる)と市民軍(+2コインと他のプレーヤーの手札を3枚にする)の組み合わせの場合、どちらのカードもアクションを増やす得点がありません。同時に手札に入ると、どちらかを無駄にしなくてはなりません。

 同じ作業場でも、もう一方が謁見の間(次のアクションカードを2回プレイできる)なら、一緒に手札に入ってもらわないと、謁見の間の能力が活かされません。

 特にこのゲームでは、序盤の進行が遅れると、後半での追い上げは難しいですから、この確率について知っておいても損はありません。

 2ターン終了時、クリーンアップフェイズにおいて、山札が無くなり、シャッフルし終え、新たな山札にした状況を考えます。カードは10枚にアクションカードが2枚加わった、12枚がランダムに並んでいます。

 また順番に番号を振ります。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12

 今回も5つずつに、分けて考えます。

  1  2  3  4  5  | 6  7  8  9 10 | 11 12

 アクションカードをo、その他のカードをxとして表しましょう。

 

 すると、さきほどと同じ考え方でいけそうです。

 全体の組み合わせを考えます。最初は12個の数字をえらべます。次は一つ確定ですから残りの11個の数字から選びます。例えば、1と2を選んだとして、1-2も2-1も同じですので、

 12通り×11通り÷2通り(重複分)=66通りです。

 まず、3ターン目、1から5までのカードだけで考えます。ここに2枚のoカードが来るわけです。数え上げます。

  1  2  3  4  5  | 6  7  8  9 10 | 11 12
  o  o  x  x  x    x  x  x  x  x     x  x
  o  x  o  x  x
  o  x  x  o  x
  o  x  x  x  o
  x  o  o  x  x
  x  o  x  o  x
  x  o  x  x  o
  x  x  o  o  x
  x  x  o  x  o
  x  x  x  o  o 

 2つしかないoが1から5に入れば、6から12はxですね。ですからこの10通りです。

 次に4ターン目、6から10にoが2つ入る状況を数えます。

  1  2  3  4  5  | 6  7  8  9 10 | 11 12
  x  x  x  x  x    o  o  x  x  x    x  x
                            o  x  o  x  x
                            o  x  x  o  x
                            o  x  x  x  o
                            x  o  o  x  x
                            x  o  x  o  x
                            x  o  x  x  o
                            x  x  o  o  x
                            x  x  o  x  o
                            x  x  x  o  o 

 これも10パターンです。

 ですから、1ターン、2ターンに購入したカードが、同時に3ターン目か4ターン目に入る確率は、

 (10通り+10通り)/66通り=0.303030…=約30%

 5ターン目11と12にoが入るのは、1通りしかありません。

  1  2  3  4  5  | 6  7  8  9 10 | 11 12
  x  x  x  x  x    x  x  x  x  x      o   o

  同時に、3ターン目か4ターン目、5ターン目に入る確率は、

 (10通り+10通り+1通り)/66通り=0.3181818…=約32%

 となりますね。

 まあ、実際は、カードを余計に引ける能力のアクションカードを使用すれば、状況は変わってきます。2枚ドローできれば、4ターン目には、デッキが必ず一回転しますね。そんなことも考えましょう。

 2-5,3-4よりは、お役に立つでしょうか?w