T-ARA、今は口を閉ざすべき

ファヨンの行動について、事務所側から情報が流れています。

要はTVの音楽番組の直前にドタキャンしたという事です。

私は事の真偽には興味が余りありません。ただ、これが本当だとしたら、そこまでファヨンを追い込んでおいて、その前兆に気が付かなかった事務所の管理責任が問われます。

KARAでスヨンが故障や体のトラブルを多発した時にも、書きましたが、そういう状態を全部含めてマネージメントは対応しなくてはなりません。

さらに、その一回のことでそこまでファヨンを責めたとしたならば、やはりそれ以前にファヨンに対し他のメンバーが悪感情を抱いていたとしか考えられなくなります。たかが一回であったのであれば、通常はそれをかばうでしょう。

ですから、例え好評された話が本当であったとしても、現在発表されている事実を公表しても、事務所やメンバーに有利にはなりません。

今回の大失態は、メンバーが不用意に他のメンバーの悪口をツイートしてしまったという、不手際から起きています。

失態を取り繕うと、あれやこれや手を打っているようですが、逆効果です。

私はファヨンの肩を持っているわけではありません。基本、ウンジョンのファンですからね。しかし、グループとしてのT-ARAと会社の対応はまず過ぎました

こういう状況で、情報を出すのは逆効果です。大人の決断をしたのですから、もっと大人になって、メンバーも、事務所も口を閉じておくべきでしょう。

コメントを残す