KARA:Mister,4min:I My Me Mind日本語版

KARAの日本語デビューCD、ミスターのPV、30秒バージョンが発表されましたね。それに先行して有線ではフルが流されているようです。

まずKARAのミスターですが、楽曲はいわずともかな、いいですよね。日本語歌詞はすでに聞き取られた方がいてブログで発表されています。検索すればすぐに見つかります。

PVは編集されているのがあからさまです。つなぎも荒いですね。30秒間で見られる範囲では、あまりこった内容ではなく、日本向けにどちらかといえばかっこよさよりかわいらしさ強調でしょうか。早くフルバージョンが見たいです。もしかしたら、リリースされるまで出さないのかもしれません。なにせ、デビューアルバムは3種類あるようですし。その中のひとつがDVDつきです。それに収められるんじゃないでしょうかね。

4Minituのデビューでは2枚買わないと握手ができなかったみたいですが、今回は一枚で一回の握手権付で、いささかリスナーよりの配慮がされているようです。まあ、4Minituのデビューのときは、あまりにも欲の皮が突っ張りすぎているとは思っていました。

握手権といえば、CD自体のコストは抑えられても、地方に住んでいるものとしては交通費のほうが問題です。まあ、これも予想されている方が多いでしょうが、K-popの流行は首都圏中心でありますし、仕方がないことなんでしょう。ここはかつてのPerfumeのように、全国行脚するくらいの意気込みをもったグループが出てきて、日本全国で頭ひとつ飛び出した人気を博してもらいたいところです。それにより、K-popの認知度がぐっと上がると思いますし。

かつてラジオの録音がYoutubeにあげられており、そこからの情報ですが、今回のKARAの日本デビュー前にも話はあったそうです。ただ、日本側としてはアーティストとしてデビューさせたい意図があったらしいのですが、韓国サイドがアイドルとしての活動をさせたいと譲らなかったため、実現できなかったようです。ちなみに、その録音はとっくに削除されています。

SNSDに関するうわさで、韓国サイドがアーティストとして日本で売り出したい意図があったのですが、日本サイドがアーティストとしては難しいだろうと話を断ったことが伝えられていますが、KARAとは逆のパターンですね。両グループとも、所属事務所の意図通りデビューができて、まあよかったんじゃないでしょうか。

カップリングはアンブレラの日本語版、もしかしたら3種類発売されるうちのC、カップリング付と明記されているものにしか含まれないかもしれませんが、どうせならこちらもPV作ってもらいたいですね。この曲はかわいさ全開で、韓国でのTV出演の際に来ていた衣装、黄色をメインカラーにしたパーカーは日本人ブロガーさんも絶賛していたかわいさです。

さて、4Minituですが、I My Me Mineの韓国語版、それと日本語版もYoutubeに上がっていますね。個人的な感想ですが、日本語版は聞けることは聞けるのですが、PVの音質が悪いせいなのか、いまいち響いてきません。韓国語版は音質がいいですし、韓国語のはねる音、詰まる音がリズムを作るので、同じ曲でも雰囲気が違って聞こえます。この跳ねる音や詰まる音は高音を伸ばして歌う場合は発音が難しいそうですが、フェイクなどが無く、基本的に声は加工したものが使われる4minituの場合、ブラウンアイドガールのように、韓国語版で日本でも頑張ったほうがいいのでは無いでしょうか?無理に日本語版を作らなくても。

日本サイドのプロデューサーさんが頑張っているのは分かるんですが、ファンが各K-popグループに求められているところ、期待しているポイントが異なっているので、「日本語」とか「JpopとK-popの良いとこ取り」とか考えず、ストレートに勝負したほうが、日本のファンには受けると感じているのは、多分私一人では無いと思います。

コメントを残す