カテゴリー別アーカイブ: K-Pop

少女時代が少女に戻る韓国4th

物語風ティーザーが公開されました、少女時代4th韓国盤です。

先行公開されたダンシングクイーンがどちらかと言えばアーティスティックよりはアイドル気味に振れたものでした。まあ、あの当時にこの曲を公開していたら、Geeほど売れなかったかも知れませんね。

驚きなのが、今日公開されたティーザーを観る限り、路線はアイドルです。ティーザーだけではアルバム全体がアイドル的に仕上がっているのか、それとも最近の韓国語版を踏襲してアーティスティックメインになるのか、判断できません。しかし、ティーザーに「カワイイ系」を持ってくること自体、今までの流れに反しています。(追記:ドラマ版ティーザーはタイトル曲ではないようです。)

個人的にはどちらでもいいんです。正直、日本盤2ndがいまいちだったので、今回の盤に期待している部分もあります。アーティスティック路線は良いのですが、もっとメンバーの声が聞きたいのです。ダンシングアーティストグループなら日本には鉄板のPerfumeがいますしね。最近のダンススキル向上をみていると、このままダンサーになってしまうのではないかと思えるくらいです。少女は歌があっての少女ですからね。

やっぱりテヨンが踏ん張って歌い、ジェシカが澄んだ声を響かせ、ティファニーが英語パートをにこやかに歌い、サニーとソヒョンが以外にマルチプレーヤーであることを見せつけ、ダンスチームも歌えることを証明しての少女時代です。いくらダンス曲に走っても、アーティスト路線で行っても、肝心の「歌手」グループであるところが聞こえないと、アルバムはリピートできません。

もう、可愛くても、ガーリーでもいいから、聞けるアルバムがほしいですね。(でも、本当は日本でももっと聞ける曲を出してもらいたんだけれど…最初の売り方が悪かったかな。本来の彼女たちのイメージを日本市場に植えつけていれば、今頃完全に実力派として評価されていたと思うのだけどね。)

少女時代、Flower Powerの難しさ

間違いなく曲自身は良いのですが、強すぎるアーティスティックな部分が一般ウケしづらい曲ですね。

本当はいつもの通りPVリリース時点で記事を書こうと思っていました。ですが、どうしても評価が付けられませんでした。

初見の時点では、ロゴよし、PV良し、色使いはPAPARAZZIであった汚い配色は無くなり、丁寧に計算されてきれいですし、サビは良い。ただ、歌詞がやや難解なのと、サビ以外の部分がイマイチかなと思っていました。

それほど熱心には聞き直さなかったのですが、でも数十回聞いた時点で、曲も歌詞も、ダンスもかなりアーティスティックな路線を狙っているのだと理解しました。そうした視線で捉えるなら、良い曲です。

ですが、特にダンスに関して、面白いがこの面白さを引き出すには、かなりのカメラワークが必要であろうと思いました。PVのダンスバージョンでさえ、十分に引き出せていません。

昨日、メンバーがニコニコ動画のタイアップ企画の放送前に流れたらしい、スタジオ撮りのカメラ割りは、十分に面白さを引き出していました。しかし、火曜曲のカメラはスイッチングのミスらしいものもあり、ダメでしたね。最初だけは良く、期待させましたが、途中からグデグデでした。この曲は魅力を持っていますが、引き出すのは難しいです。

そういった意味で、紅白の前に、あまり一般ウケしそうもない曲を出してきたSMの意図は、紅白出場よりも、つぎのアルバムの予告といった意味合いと、その流れのライブへ向かっているという事ですね。

紅白の話は、また次の記事で。