6ニムトin BSW

今回は具体的なゲームを紹介したいと思います。

Nimu01

最初は、カードゲームの6ニムト。ボードゲームのサイトであるといっていきながら、いきなりカードゲームかと、突っ込まないでください。^^; 初心者の方にはルールも操作も簡単なこのゲームが一番おすすめです。
1から104までの数字の書かれたカードを使います。各自に決まった枚数を配ったら、場札として4枚おいておきます。
プレーヤーは自分の出すカードを決め、全員一緒に表にします。そして数字のすくない人から順番に、場札に出されているカードにつなげておいていきます。
置ける場所は内輪で一番近い数字の場札につなげます。たとえば、場札が10,20,30,40で、あなたの出したカードが28なら、20の後ろにつなげておきます。
もし、出したカードがその4つの場札の6枚目になったら、1枚目から5枚目の場札を引き取らなくてはなりません。場札には小さな牛の絵が書いてあり、その数が失点となります。
出した手札が場札の4枚全部より小さい場合は、4つの場札のどれかを選んで、引き取ります。
BSWのルールでは、誰かの失点が66を超えるまで続けます。66を超えたラウンドが終わった時点で、失点の一番すくないひとの勝利となります。
操作は、出したいカードをクリックするだけ。簡単、簡単。
おもしろいかって?当然、おもしろいですよ。日本語版もでているくらいですから。
自分1人でやっているんならともかく、相手がいてプレーするんです。そう簡単には自分の思ったとおりにはなりません。
絶対に大丈夫だと思ったカードより一つ小さなカードを出されたため、5枚引き取ることになるなんて、しょっちゅうです。逆に、相手に取らせることも多いですけど。^^;
最初に出しやすいカードばかり出していると、あとでばんばん引き取る羽目になります。最初に配られたカードによって、どう戦略をたてるか、「あえてここは引き取ってもあとを考えれば…」なんて計画性ももとめられます。
言葉にするよりやってみた方がわかりやすいですね。この、おもしろさは。

Nimu02

http://bsw.hiroqws.com/index.html

コメントを残す