なぜゲームがおもしろいのか?

 まずは業務連絡。
 ドミニオン、日本語に必要なリソースはBSWから、ダウンロードできるようになっています。一時はそれもできなくなっていましたが、先日試したところ、復活していました。

 やり方はパンディミックの日本語テストと同様です。まず、インストールフォルダーの下、localizedフォルダーを開き、language.txtをメモ帳などのテキストエディターで開きます。
 Dominion=de,enの一行を探し、Dominion=de,en,jaに変更し保存してください。

 まあ、今回もテスト扱いということで、お願いします。あくまで裏技です。最近プレーしていなかったので、いくらかグラフィックが追加になり、その分は作成していません。そのうちに、作って登録してもらいます。

 さて、本題の世迷い言シリーズパート2です。

 ソロプレーというものがあります。一人用のゲームを遊ぶことではありません。複数のプレーヤーで遊ぶゲームを自分一人で相手の分も担当し、そのゲームをプレイすることです。

 よく、ルールの確認をするため、ゲーム全体の流れを把握するために、行う人も多いと思います。最後までやり通すこともあれば、軽くすうターンのみ行うこともあるでしょう。

 また、本格的に勝利方法を模索するためにも行われます。

 ルールが複雑なゲームなら、ソロプレイだけでもやりがいはあるものです。しかしながら、当然、実際のプレーほどにはおもしろくないですね。

 なぜ、ソロプレーでは満足できないのでしょうか。

 前回、興味と知識量の話をしました。全く知らない状態と、すべてを知っていると思っている状態では、興味がわかないという趣旨でした。

 ゲームの本質は、相手がいることです。相手とは?もちろん自分でない人です。

 ソロプレーでいくら自分の考えを自分用と他のプレーヤー用と分けて考えてゲームを行っても所詮自分自身です。相手のプレーを行っている自分は、自分の考えを知っており、逆も真です。

 ソロプレーはそのゲーム自体が提供してくれる情報を確認すれば、その時点で知りたいことはゼロになります。そこで、興味が潰えるわけです。

 他の人とプレーをするとき、いくら相手がへぼプレーヤーで考えが読めるにしても、本当にそうするのか相手を100%知ることはできません。だからこそ、ゲームはおもしろいのです。

 相手が実際の人でないゲーム、古くはゲームブック、ソロゲームも遊べる対戦格闘ゲーム、プログラムされた思考ルーチンがとても強くなっている、将棋・チェス・バックギャモンなどはどうでしょう?
 いわずもかな、対戦相手はいませんが、実際はそれを作った人と対戦しているわけです。いくらかの調整はされているでしょうけれど。
 それは、それで楽しめます。相手側の動きや仕組みが完全にわかってしまう期限付きですが。

 さて、いつも同じ相手と対戦するのはどうでしょう。当然、相手の正確、対戦パターン、表情などで読み取れる情報などは学習され、だんだんと相手のことを知るようになってきます。

 これも前回お話ししましたが、どの程度相手の状態をしれば、興味が最大になるかは個人的なものです。初見の人と対戦するのが好きな人もいれば、同じ人との対戦を繰り返すのが好きな人もいます。

 BSWでは両方の楽しみを提供しています。

 ログイン直後にはいる、ゲームマネージャー、他のサイトだとロビーに当たる部分ですね、そこには、募集されているゲームが次々と表示されます。これで、見知らぬ相手との対戦が可能です。

 また、侍村・日本人村をはじめとする都市制度と、同じゲーム好きの人が集まっているギルト制度は、後者の同じ仲間内でのプレーを好む人が利用できます。

 とくにオンラインですから新しい人との対戦は、リアルのプレーヤーさんに不足しがちな、新鮮な経験を提供してくれますよ。やりなれたゲームでも、対戦相手次第で、別ゲームになり得ますからね。

 場数を踏んでいるプレーヤーさんですと、リアルの対戦でボード以外の情報に惑わされた経験もお持ちでしょう。よくリアルのプレーヤーさんがBSWで遊ぶ理由としてお聞きするのが、ゲーム自体に集中できるというものも、あります。

 まあ、新鮮な対戦相手を求めて、リアルに飽きたらBSWへ、BSWへあきたらリアルのゲームへと、使い分けてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す