Negiccoはやっぱり曲が良い

全国的にブレイクしかかっているNegicco。曲が良いですよね。

私は基本的にボーカルのクオリティーを求める人です。でも、Perfumeは音楽とダンス、PV、演出など、多方面の合わせ技で好きです。後、有言実現のところかな。前を向いて突き進む感じですね。

ガールズグループなら、少女時代ですし、KARAです。頭ひとつ抜きでた完成度で少女時代が好きです。KARAはLupinが無ければ好きになりませんでした。良く聞くとカワイイ系の楽曲も、結構凝っていました。それとメンバー個々の面白さと全体のバランスが絶妙です。

T-ARAとRainbowはグループとしてのまとまり、バラエティーが楽しいところがいいです。残念ながら、最高に良いという楽曲は見つかっていません。

Perfumeは基本がリップシンクですし、K-Pop軍団は活動曲は被せが多いです。あれだけのダンスするなら、全部生ボーカルで歌うことは難しいですし、綺麗にミックスするのも難しいでしょう。マイクが拾う声の大きさもライブでは変わっちゃいますからね。

前置きをしました。決して、ガールズグループやアイドルを追いかけているわけでありません。ロバート・パーマーがなくなってから、スタイリッシュで、アルバムごとに新しいスタイルを見せてくれる面白いボーカリストに会えなくなり、音楽に飽きてきていたところに、曲+ダンススキル+面白いPVといった、楽しませてくれる音楽がアジアに起きていたということです。

そしてNegiccoです。東京に住んでいた時から知っていました。盆と正月に新潟に戻ってくると地元新聞に話題が書いてあり、それを読んだ覚えもあります。

新潟に戻って2年たちますが、特に聞こうとは思いませんでした。地元なのですが、地元びいきに抵抗があるのです。運動会でも、自分の組だけを応援するというのになにか抵抗を感じていましたからね。オリンピックで日本人が日本人を応援することに対し、心のどこかで冷めた目でみていました。

しかしです。Negiccoはいい曲多いですね。タワーレコードのレーベルからCD発売しだした頃からちょくちょく聞いていたんです。たまに聞いて、ああいいなと思いました。歌詞も気持ちが良い。名曲が多いです。

それでも、応援する気は置きませんでした。めちゃイケのエンディングに圧倒的なスタイルが採用されたこととは関係なく、お気に入りのニュートリノ・ラブを聞きたくなって、Youtubeを見始めました。そしたら、うーん。結構ボーカルが上手い。

ダンスはK-Popのグループほどは完成されていません。しかし、まあ、K-PopのアイドルたちもTVの番組だと結構、力抜き気味でPVほどの完成度は保っていません。被せが基本でも、ダンスしながら歌うのは難しいからです。

Negiccoはシンクロ率は低いですが、結構ダンススキルも高いです。しかも、ライブは生歌で、きちんと聴けるレベルです。こいつら凄いなと思いましたよ。更に、K-Popはフルで3分ちょっとの曲が多いですが、Negiccoの曲は5分弱です。それだけのスタミナを持っています。

そして9年続けてきた、アイドル魂は強いですね。客席の反応が悪い時でも、へこたれず盛り上げる。新潟の人間は恥ずかしがり屋ですから、基本反応が薄いのです。そこで、鍛えられていますから強いです。

K-Pop好きな方なら彼女たちの曲の良さとか、ダンスしながら、生歌でやっているという点も考えてみると、応援したくなると思いますよ。単純に作業用BGMとしても、ガチンコで聞き入っても、純粋に良質なJ-Popを久しぶりに聞きたい方にも、おすすめします。

一度、民放の音楽番組に出演できれば、一気にブレークするんじゃ無いですかね。Hey*3なら、ダウンタウンにいじられやすそうです。Mステならライブ形式で演ってもらいたいですね。

早く、その日が来ることを期待しています。

コメントを残す