KARAのJumpin’、はまり曲ですね。

誰かが「神曲」とYoutubeにコメントあげていました。この表現も流行を過ぎましたね。けど、ダンスもいれて何ですが、みごとなHook(釣り)曲です。日本中が釣り上げられそうです。w

一昨日の夜、少女時代のHootをプレイヤーに入れ、イヤーフォンをしたまま1時間、寝る前に聞いたのです。リピートで。

寝入りそうになったので、聞くのを止めて、しっかりと眠ったのでした。しかしながら、朝はJumpin’の映像=夢で目が覚めました。

やっぱり視覚情報は強力に脳へインプットされますね。自分でもびっくりです。w

しかも、昨日の朝起きたら、フル曲がアップされていました。w 早すぎるでしょう。w

なぜ、夢に出たのかといいますと、たぶんMVのティーザーだけならそれほど強力にインプットされることはなかったのです。このブログの記事を書いた後、もうちょっとYoutubeをあさってみたら、TV番組でMVを流したものもありまして、ティーザーとは違った部分だったため、脳みそがその二つを合成しようとして努力したのだと思います。w

まあ、視覚情報と、音楽という聴覚情報以外に、日本語歌詞のため言語情報が付け加えられると、知らず知らずに強い印象を植え付けられるのです。

詩の内容からするとJumpingというよりはJump in(to)と言う感じですね。そこら辺をうっすらと思わせぶりで「ジャンピン」という歌詞を持ってきたんでしょうね。

かなりのフック・ソングです。最初はちょっと弱いかなと思いましたが、意外や意外、頭の中でリピート確実です。何もかも、日本人リスナーに合わせてきた感じもします。ミスターよりもヒットする予感がします。Geeのようにオリコン2位?…もしかしたら、1位狙えるんでないでしょうか。

TVのテーマ曲としてのタイアップも異例の早さでしたし、タイアップから時間も十分たってます。今回の少女時代のHootとは違って、MVと曲を先に流すという韓国では正攻法でのPR作戦。さて、当たるか、外れるか。

コメントを残す