KARA、スーパーガールは新曲がいまいち

今回の新アルバムは、いまいちですね。

前日本向けアルバムのガールズトークは良いアルバムでした。今回はベストヒット版+新曲形式です。しかし、新曲がいまいちです。

少女時代の日本向けアルバムで追加された新曲は、コンサートツアーに向けて、ライブ受けするような楽曲だろうなと理解できました。しかし、このスーパーガールに追加された楽曲は、聞かせるにせよ、ライブ向けにせよ、クオリティーにせよ、アレンジにせよ、中途半端な印象です。

いままでKARAのアルバムは、活動曲のクオリティーとアルバム全体としての統一感もあり、褒めてきましたが、そういった意味で言うと、最低の出来です。

日本向の楽曲も、基本韓国曲を作っているSweetuneの流れを汲んで、そのラインから外れないように、作られてきていたと思います。今回もその線を狙ったのでしょうが、大分外れているように、私には思えます。

例えば、それが日本でのコンサート向けに、新しいジャンルに挑戦というのなら、納得です。しかし、やや新しめの感じを出そうとしているのですが、既成のJ-Popの枠に完全に入ってしまい、KARA的な楽曲の個性が少なくなっているようです。完全にJ-Popの枠に入ってしまうのなら、目新しさを感じず、楽曲の魅力は半減です。

しかし、このアルバムに収録されている、今までの曲はそれなりに評価できます。特に日本向曲であれば、JCLはイントロ部分が特に良いですね。イントロ部分だけで、その後の展開を期待し、盛り上げてくれます。

アルバムの出来は残念ですが、アルバム発売に向けたKARAの情報番組、バラエティ番組での活躍は素晴らしいですね。面白い、可愛い、楽しい、現場受けも良いようです。K-Popブームであるから、KARAが使われるのではなく、彼女たちの魅力があるから、日本のTVでも引っ張りだこなのですね。やっぱり。

願わくば、出演させる側は、いいかげん「最近覚えた日本語は?」の質問はやめてもらいたいですね。しつこすぎます。出演させる側も「腕上げて」ください。 ;)

コメントを残す