KARA、スンヨンにフィジカルトレーナーを!

KARAのスンヨンがPV撮影中にセットを飛び越えようとしたした際に転倒し、腕が内出血、全治3週間の傷を負ったのは、いろいろなサイトで報告されているので、ご存じでしょう。ギブスをしながら、「ルパン」最後のTV出演をがんばってやり通しました。

世間一般では、「逆境に負けない強いスンヨン」として賞賛されています。私も。彼女の強さは賞賛します。しかしながら、トラブルを引き寄せやすい流れになってしまってはいけないため、あえて別の見方をしてみます。

スンヨンは以前にもTVの歌番組で大きく転倒しています。話題になりました。今度は、ハラに続いてセットを飛び越えようとしたときにつまずいたとのこと。

Taxiの番組に日本語字幕が付いたものを観ると、「雨の日に膝が痛む」と発言しています。これを見たときは、流れ的に笑いを取るための冗談かと思っていました。今は、もしかしたら、本当に膝が悪いのではないかと思っています。

それならば、たいした移動でないタイミングで転倒した理由も、飛び越えようとしてつまづいた理由も納得できます。

基本的にKARAは歌やダンスのレッスンを十分に積んでいるのはよく分かります。ただ、体作りの基本的な部分のトレーニングがかけているのではないかと思います。

例えば、SNSDは体が全員柔らかいですね。TVの番組で二組に分かれて股割りの距離を競っていました。一方、KARAのメンバーであるニコルは、体が堅いことを自分の番組内で話しています。ただ、ニコルは現在は減量のために毎日早朝トレーニングを行っているようで、そのトレーニング内容によっては柔軟性が向上しているかもしれません。

実際、柔軟性があるからけがをしないわけで無いです。昔は柔軟性が無いとけがをすると言われてましたが、そうでもないようです。

しかしながら、状況を考えるに、基本的な体作りのトレーニングが欠けているのではないかと推測できます。マネージメント会社の方針もあるのでしょうが、もっとケアをしてあげた方が良いのではないかと思います。

例えばケア不足という点では、基礎体力トレーニング以外でも、日本にショーケース興行に来たとき、お世辞にもきれいな足をしているとは言えなかったです。足の形とかではなくて、多分ダンスレッスンでそうなったんでしょうが、膝が汚かったです。特にニコルは来日時にも、多分最近タイへ言ったときもあざだらけです。トレーニング時は薄いプロテクターをさせるとか、ケアのためにエステに行かせるとか、最悪でも撮影時にはファンデーションで隠すとかやってあげないと…。マネージメントの腕の見せ所じゃないですか。

また、ルパンの衣装を着ていたときに気がついたのですが、衣装がぴったりしたショートパンツなのに下着の線が出ていることがあります。多分マネージャーさんは男性なのでしょうが、ここらへんもケアすべきところではないでしょうか。

スンヨンの場合ですが、がんばり通すのもプロフェッショナルですが、ケアをするのもプロフェッショナルです。本人とマネージメントサイド両方にとってもです。膝に故障を抱えているならば治療し、更に負担がかかっても大丈夫なようにトレーニングで強化すべきです。

そのために優秀なフィジカルトレーナーを付けてあげて欲しいです。マネージメントサイドとしてはこの先のけがをするリスクを考えると、安い投資でしょう。

膝に故障があろうと無かろうと、個人に合わせたトレーニングは、これから先、ダンスパフォーマンスが高度になるにつれて高くなる、けがのリスクを減らしてくれるはずなので、絶対に有効でしょう。

けがをしてからがんばるよりも、けがをしないようにがんばってもらいたいです。

わざわざ韓国から翻訳して読んでくださってる方がいらっしゃるので、他のブロガーの皆さんと別の意味で応援してみました。KARAの本人達と言うよりもマネージメントさんへ届くことを期待して書いてみました。

コメントを残す