The Boys、先週のパフォーマンスのまとめ

先週までは一位を撮り続けるのは予想通り。そこで音楽番組のパフォーマンスをまとめて見なおしてみます。

ミューバンでは、曲初めから生歌を多めに重ねてきました。生歌パートも多かった模様です。その反動として、はじめの部分のダンスがややもっさりしています。いつもの事です。生歌成分が多くなればなるほど、ダンスの切れや正確さが落ちます。

衣装は、デザインを統一してきました。このほうが、やはり綺麗ですね。ユリだけがマントを羽織っています。マントやストールは、ダンスのキレを鈍らせてみせるので、出来れば避けてもらいたいですね。マントの表が衣装と同じ色であるのが見た目の重さに輪をかけています。裏地が白であることで救われています。個人で見れば、主にダンス担当のユリで、キレがあるので、マントを付ける役としては人選は正しいと思いますが、前列にきたときに、後列のメンバーがよく見えなくなるというのも、避けてもらいたいポイントです。

Mカでは、完全に口パクから入っています。スタート時点でジェシカの音声が飛んでいるのは、カラオケミックス時の失敗でしょう。メンバーごとに調子に合わせて口パクしたり、生声だったりするのはよくあることで、今回は多分、テヨン、ソニ、ソヒョンは生歌、残りは口パクだったのではないでしょうか。毎回、声を入れたり、抜いたりして音源を作っているので、今回はジェシカパートが口パクなのに、先頭部分のパートの声を抜いてしまったため、ジェシカが口を動かしているのに、完全に無音になってしまいました。

衣装は、中途パンパに統一しつつバラバラです。体にぴったりしているので、この曲のダンスには合っています。邪魔な、マントもストールもありませんでした。口パクメンバーが多いため、ダンスパフォーマンスはなかなかでしたね。

さて、来週はいよいよワンダーガールズがカムバックです。ガールズグループブームの立役者が戻ってきます。いままで、活動時期が重なったことがなく、今回はじめての直接対決です。

現在の人気で言ったら、それはもう少女時代に分があります。ただ、リリースたアルバムのクオリティーはワンガのほうが上です。活動曲は、それだけ聞くと、The Boys同様に、お粗末ですけどね。ワンガの活動曲Be My Babyはアルバムの流れで聞くと、それなりに聞けます。

コメントを残す