SNSD、Run Devil Runは残念、PVも微妙

18日です。朝から、解禁されたPVを見ております。Youtubeにアップされています。公式PVはこちらから。

正直、これもちょっと微妙ですね。衣装も中途半端、ダンスも引かれる部分がないし。白い背景は横一列にバックからのライトを並べて、カメラに写り混ませて、横に白い線を入れているんですが、CGだけで入れれば良かったんじゃないでしょうかね。なにせ、引きの画面でメンバーの顔の位置に横線をいれていますが、うるさいだけです。全体でちょこっと入ればかっこいいですが、多すぎる調味料は何も感じさせないだけか、じゃまですね。

じゃ、こんどはTVのライブに期待しますか…

良いニュースもあります。まず、セカンドアルバムのリパッケージの内容が発表されました。

  1. Run Devil Run
  2. Oh!
  3. Echo
  4. 별별별 (☆★☆)-Acoustic R&B ver.
  5. Show! Show! Show!
  6. 以下、初回版と同じ

曲の並びからすると、最初からリパッケージ目的で作られていますね。これは。w

追加されている3曲は、トラック01,03,04です。個人的に期待しているのは☆★☆のアーコスティックR&Bバージョンです。

公式サイトの解説を参照させてもらうと:

01. Run Devil Run

「Run Devil Run」は、シンスポップ(Synth pop)の強くて激しいサウンドと少女時代のカリスマ溢れるボーカルが完璧に調和した曲で、今まで見られなかった少女時代の強烈でパワフルな魅力に出会え る歌だ。歌詞にも悪い男に送る警告を正直で率直な単語で表現し、曲の持つ強烈さを更に倍加させている。」

03.Echo

「”Echo”は、中毒性のあるメロディーと可愛らしくて爽やかな雰囲気のフック(Hook)が際立つ歌で、軽快なリズムと溌剌とした少女時代のボイスが調和して聞く人に爽やかな清涼感を与える曲だ。歌詞には全ての女性が自分のことを好きだと錯覚している男性を好きになってしまって、彼の声がまるでエコーのように聞こえるという面白い内容が盛り込ま れ、活気溢れた雰囲気の曲になっている。」

04. 별별별 (☆★☆)-Acoustic R&B ver.

「この曲は美しい童話の一場面を連想させた原曲とは違ってアコースティックなR&Bの編曲で現代的なポップの感じが強いバラードに生まれ変わった。また、失恋の悲しみを躍動的に描写、より一層切なくて悲しい感性をよく表現して少女時代の一味違った魅力を見せてくれる。」

Oh!を聞いた当初は、最初の2トラックと、最後の2トラック以外は「普通」のガールズポップかと思いましたが、ある時、寝際にヘッドフォンを付けたままうとうとしていたら、「なんだ、この歌のうまさは!」とびっくりして目が覚めた曲が、バラードの☆★☆でした。それから、Oh!は普通に全曲聴けるようになりました。☆★☆、歌詞もよく分かりませんが、涙でてきそうになります。w

その曲のアーコスティックバージョンですから、期待して、購入することにしましょう。3曲目に追加になるEchoにフックソングがきましたか。けど黒SNSDですと、かわいい曲が歌えませんね。どうなる事やら、おたのしみということで。w

オリジナル版は、9種類のカードのうちどれか一枚が入っていました。(私のはYuriでした。彼女は人気がありますが、わたしとしてはスヨンがよかった。w)今回の、リパッケージ版は9種類のポスターのうち、どれか一枚がおまけに付いてくるということです。(こんどはスヨンがいいよん…w 誰のファンかは別としても、Black SNSDで発表された画像のうち、スヨンだけがクールなだけでなく、かわいさがでているんですもの。もしかしたら、日本人向けにねらったのか?w)

もう一つ、良いニュースを。公式HP、www.girlsgeneration.comがリニューアルされました。相変わらず、smエンターテイマント(なぜ、マントと書いているか、ファンの方ならご存じでしょ。w)のサイトへ、飛ばされますが、HPが軽くなっています。(無理にflash使わなきゃ良いのにね。)

SNSD、Run Devil Runは残念、PVも微妙」への1件のフィードバック

コメントを残す