SNSD、Genie、安心して買えそうです

本当は書くのは遠慮しておこうかと思ったんです。けど、書かずにいられない感じなんですよ。

ついに、GenieのフルPVが公開されました。Toutubeでは、アップ合戦になってますね。それと昨日のShowcaseを報道した、日本のTV番組もどんどんアップされ、だんだんと削除されています。w

「くせになるわー」の一言がディーザーで流れたとき、期待していいのやら、悪いのやら、不安でした。

今日の早朝、フルPVがアップされているのを見て、その中でHDで音質がいいものを速攻ダウンロード。w

とりあえずプレーヤに突っ込み、今日だけで20回以上は軽く聞いております。

まず、歌詞は90点あげてもいいくらいな出来ですね。最初、聞いたときは微妙な感じでしたが、何度か聞いているうちに違和感はなくなりました。残念ながら、もともと日本語だったと勘違いできるほどの出来ではありませんが、原曲の語感を活かそうと、サビの~マヌパを~すれば、とかこだわっていますし、歌詞全体の世界観は原曲の持っているものを、それなりに表していると思います。

前にGenieでのデビューはアーティスティックな面を打ち出すためだろうと、このブログで書きました。それがメインの理由なんでしょうが、改めて完成された曲を聞いてみると、なるほどなあと思います。

この曲は、歌声にエコーやらリバーブやら欠けています。歌い方もウィスパー気味で息を抜いて皆歌っています。そのため、多少の発音の粗が目立たないのです。

今回のShowcaseの模様をTV報道を通してみました。スヨンは相変わらず日本語上手ですが、マンネも持ち前の頭の良さを発揮してどうやら話せるレベルになっていますね。他のメンバーは思ったよりは上達が遅れているようです。ここらへんはKARAのほうが上でしょうね。

そんなわけで、全メンバーが日本語が上達するほどの時間が無いことも見越こしての、デビュー曲選曲だと思います。もちろん、美脚が映える振付であること、そして振付師が日本人であることも話題性の一部として盛り込めるのは計算済みであろうと思います。

そして、美脚を売りにしているのは日本のマスコミではなく、たぶんSMエンタのほうですよね。これだけ統一されて報道されていますから。この点は韓国のファンの方々に理解しておいてもらいたいですね。そうでないと、日本人の報道は足しか見ないなんて反感もたれますからね。KARAのお尻ダンスの二の舞になります。 ;)

ここらへんは、さすがにSMエンターティメントですね。日本にアーティストを送り込んできた、経験と戦略が生きています。

これで安心してGenieが購入できます。まだ、KARAのミスター買ってないから、一緒に購入することにします。w

しかし健康で、今まで通り東京で働いていたら、きっとKARAのほうも、SNSDのほうも、バリバリに応援していたんだろうな。運命とはわからないものです。

コメントを残す