Mr.Taxi、PVダンスバージョンが先に公開

Mr.TaxiのPVはダンスバージョンが先に公開となりました。Youtubeのユニバーサル・ジャパンのチャンネルで公開されています。

当サイトのロゴをクリックしてもらうと、トップページが出るのですが、そちらに張っておきます。

ダンスはハンドル操作はもちろん、片手ハンドル、シフトチェンジ(右手でやっているので左ハンドルバージョンかな)、タクシーを呼び止めるジェスチャー(親指立てるアメリカンな合図やね)

ダンスは細かいので、コピーする人は大変ですよ。:D

Hootの時は細かさがダンスのダイナミックさを奪ったような感じですが、今回のMr.Taxiの振りでは、細かさがPerfumeの振り付けのように歌の内容にシンクロしていますし、良い感じで日本人好みになっています。日本市場を研究しているか、日本人振り付け師ぽいですね。

ただ、シフトチェンジのアクションが右手だったり、タクシー止めるジェスチャーがアメリカンなんで、韓国・アメリカ人かもしくはアメリカ暮らしが長く、既に少女時代の振り付けを3つやっている中曽根Rinoさんかなと想像しております。(どうせなら、タイヤ交換とかも入れたら良かったのに。:D 冗談です。:D 😀 )

前回の記事にも書きましたとおり、今まで作成されたPVに比べると、日本での人気が高いスヨンとソニが目立っております。これも日本市場を意識していますね。(このサイト見ている方なら当然理由は分かるでしょうが、スヨンは日本語話せますし、ソニは韓国のテレビ番組、青春不敗での活躍で日本で見ているファンを引きつけているのです。)

他にも日本での人気が高いメンバーがいるのですが、たぶんまだ日本語が上手くないメンバーは目立たせないないように、しているのでしょう。逆に言えば日本語が上手い、もしくは上手くなってきているボーカルの4名と、もともと日本語ぺらぺらのスヨンを中心にしているのでしょうね。これから、バラエティーとかの出演も増えるでしょうが、KARAは日本語で対応しました。日本語で対応できないといくら編集するからと言っても番組のリズムがぶち切れ、盛り上がりに欠けますしね。そこまで考えておくなら、日本語に慣れているメンバーを目立たせておくのは良い戦略です。

曲もPVも良いので、日本語バージョンだけで終わらせるのはもったいないですよ。韓国語・英語バージョン作ってもいけますね。この曲ならば。

ただ、唯一の問題は、通常版よりダンスバージョンのほうが先に公開されたことです。通常版もYoutubeのつなぎ動画を見てもらえば分かるのですが、TV曲に流れた物もフルバージョンでは無く、たぶんワンコーラス分だけだったんでしょう。

これもあくまで想像ですが、前の記事に書きましたとおり、自身による発売延期+KARAが日本語オリジナル曲でウィークリー一位達成となり、あわててPVつくったんでないでしょうか。それで、ダンス版は特に加工しなくても良いので先にできあがり、通常版はCGの重ね合わせとか色々編集があるので、間に合わず、とりあえずTVへワンコーラスだけのバージョンで提供しておき、今回の発売に間に合わせようとしたけれど、無理で、しょうが無いから、ダンスバージョンを先に公開するという、大人の事情を推測しています。

さて、今日は販売日前日、既にフライングでCDを手に入れた方々もいらっしゃるようです。通常版のPVが今日中に公開されますでしょうか?そこら辺の情報からSMエンタやらユニバーサルやらの戦略とか、事情とかを想像するのも、おもしろいです。

コメントを残す