KARAとSNSDの日本進出

KARAのショウケース興行(何で英語なのだろう?w 顔見せとか訳せば良いのに、かっこつけすぎだね。w)が成功し、スカパー!やネットTVサービスでもその模様が放送されるようです。(詳しくは検索してね。私はいくらKARAのためとはいえ、それだけでスカパー!はいるほど裕福でないですから。w)

KARAの日本向けCD+DVDセットが完全受注品として発売されるようですが、どないなもんでしょうか。私は、Lupin以前の曲はいまいち好きになれないので、購入する気にはならないのですが、将来ファンになるかもしれないので、その時には欲しくなるけど、在庫無くなっているだろうな。w

Misterのおしりダンスもかわいいですが、曲がいまいち面白みに欠けるので…。けど、詞と曲は同じチームがずっと作っているようですね。いくら仕事とはいえ、これはすごいと思います。今回のLupinを聴くと、相当の実力者かと。コンセプトに合わせてこれだけの楽曲が作れるなら、今後も期待できそうです。

日本には5月から進出するとかいう話ですが、これはちょっと良いのか、悪いのか、KARA自身のことを思うと疑問な所です。本拠地は韓国に置いたまま、日本とタイに進出するという話ですよね。

KARAやSNSDを含め、バラエティーやドラマなどで活躍させて名前と顔を売る手法が韓国では主流のようですね。KARAはピンでは売らないような話でしたが、ニコルが何かのMCやっている映像がYoutubeにありますね。(帰国子女で韓国語が得意でない彼女の失言をそのまま流したとかで、番組制作サイドへの批判の声が上がっているとか。)ドラマにはKARAのメンバーはまだらしいですね。(ドラマはチェックしませんけど)

日本でのショウケースはLupinの大ヒットの前です。ネットの情報によると、それまでKARAは当たりはずれの無い曲を出すが、大ヒットには恵まれなかったらしいですね。それが、ここに来て大ヒット。

色々調べKARAのことを知り、段々とファンになっていくにつれ、将来のことを考えると、今は韓国で地固めしたほうが良いんではないかと思えるのです。

アイドルは市場的には消耗品です。特に韓国のように、後ろに強力な新人がずらりと控えているような環境では、とくに寿命が短いでしょう。(ガールズグループブームがいつまで続くかも気になるところ)

すると、彼女らが将来何をやりたいのかは分かりませんが、チームとしての人気が下がったとき、個人の知名度や実力が問題になるわけです。もし、彼女ら一人一人の意志として将来も韓国をメインにがんばっていきたいと言うならば、日本にかまっている時でないように思われるのです。もちろん、将来日本で活躍したいというならば、別ですが。(忙しすぎて日本語も勉強できていないようですし。w)

現状、日本のTV業界も予算削減の波を受けて、縮小傾向なようです。彼女らが日本語を勉強したとして、歌番組は少なく、バラエティーも出演枠が小さいわけです。韓国のようにTVで顔を売るというのはかなりきついでしょう。

ですから、ここは韓国でもう一曲大ヒットを飛ばして、名声を確固なものにしてから、日本に来ても、タイミング的には遅くないような気がします。

ただ、日本に来てくれるならば、今年の夏頃には韓国ガールズグループ旋風が吹きまくる可能性も大きいですし、その先陣としてKARAは日本に定着しそうですね。t-araとのタイマンですね。w 日本市場は。w

マネージメント会社としてはどちらが良いかの判断が問われますね。確実性で韓国、いささかギャンブルではあるが、市場の大きい日本。

まあ、日本に住んでいる我々としては、日本に来てくれる方がうれしいに決まっていますが。w

さて、SNSDの方です。既に韓国で歌手としてトップの人気です。ピンでも売れています。

グループ結成時にアジア市場をターゲットにしていたのは周知の事実。そのために、日本語と中国語の出来るメンバーが入ってます。

でも売れていますからね。中国では、出かけていかなくても、勝手に盛り上がってくれているらしいですし。

日本も景気が後退しなければ、最初の予定通り、進出してくれるんでしょうが、なにせこの不景気。CDもTVの出演枠も限られている状況になってしまい、あえて出向いてくる必要性が見つからないのではないかと思います。

それでも、将来を考え、もしくは韓国での人気が下降したときのバックアップ市場として、日本を選んだとしても、一つ大きな足枷があるんですよね。

Youtubeに「独島は我が領土」のリハーサルを歌う、彼女らの姿が流れちゃっています。これは、本格的な日本進出をするとなると、必ずアンチに攻撃され、話題にされるネタを提供してしまったことになります。

正直、マネージメント会社の大きなミスだと思います。もし、日本が嫌いで進出する気がないんだよと言うアピールなら、効果は抜群です。

でもね。スヨンの立場はどうなるんでしょうか。Routeヨンでは、パートナーとも言葉の壁もあり、仲が余り良くなかったのにもかかわらず、現在も連絡を取り続けている彼女。日本語を忘れないように情報を集めたり、日本のドラマ(対して面白くないでしょうが)を観ている彼女。日本語自身も勉強し続けている彼女。日本と言葉に出せば、嫌韓からも嫌日からもターゲットにされるリスクを負いながらも日本語担当でがんばる彼女。

実際、私がSNSDを応援しようかなという気を起こしたのも、上記の状況を知って、がんばっているスヨンの姿を見たからです。

リハにもかかわらず、上記ビデオではほとんどのメンバーが、結構ノリノリで歌っちゃってます。(アレンジのせいでもあるんですが)

まず、事情を知らない方々への説明です。独島は「どくど」と発音し、日本の竹島のことです。竹島で検索すれば、日本の領土だという主張も、韓国の領土だという主張も書かれています。「独島は我が領土」は80年代に作成された、分かりやすい詞の曲で、韓国では幼稚園から実施されている歴史教育の一環として、子供の頃から歌っている曲です。

私は領土問題などどうでも良い人間です。もし問題があるなら、そんな小さな島など爆破すればいい。その資源や生物・植物が貴重であれば、真ん中でわけるか、壁でも建てたら良いではないかと思います。

では、日本では歴史教育が行われていなかったと言えば、そうでもなかったはずです。私は子供の頃から、学校でも、ニュースの論点でも北方領土は日本の国土だから、返還されるのが正しいと教わってきました。私もそう信じてきました。

しかし、中学時代の、社会科の先生から「教えなくてはならない指針として、北方領土は日本の国土だから、ソビエトから返還されなくてはならないと、国が決めている。ただ、日本は戦争に負けた。負けて領土を取られた。歴史上、領土を取られて、それを何の見返りもなく返してくれたのは、沖縄が初めてだ。普通は武力で取り返すか、お金を払って取り戻す。沖縄の場合は、日本とアメリカが共同体のようなものだから、そんなことが起きたが、アメリカとソビエトの関係がよくないから、北方領土がこのまま変換されることは考えられない。軍事戦略上も、日本がアメリカと同盟関係にあるため、北方領土にアメリカの基地など作られたらソビエトはたまらないだろう。この現状では無理だ」ともっと正しいものの見方を教えられました。

私は社会科が好きでもなかったため、これはこれで面白い真実として覚えていただけです。しかし20歳前後の時に討論番組が流行だし、北方領土問題が取り上げられるたびに、この話が思い出されました。両方の論客の話を聞くうちに、むかむかしてくるんですよ。理論を戦わせても結論は出ず、感情的な対立だけが大きくなり、TV局はそれを本当は期待しているので、結論なんて出るわけありません。当時は、おもしろと思っていましたが、いまではつまらない番組だったんだと理解できます。

この個人的な経験から、彼女たちが本当に自分たちの頭で考えられるようになるにはもっと時間が必要でしょう。ただ、今現在、彼女たちが独島が自分たちの領土であると考えているか、いないかは、全然かまいません。私は竹島がどちらの領土であっても、かまわない人間です。彼女たちが自分たちでそう信じ、自分の判断で歌ったのなら、それはそれでOKです。(実際、この曲を歌ったのは彼女たちだけでは無いのですよね?まだ、2008年度のドリームコンサートをチャックしていないので分からないのですが。もしかしたら、カットされているのかもしれませんね。今、観ながらこれを書いています。KARAも歌っていたら、t-araも歌っていたらどうしましょう…w)

ただ、彼女たちに公の場で歌わせることにしたSMエンターテイメントに対しては腹立たしく思います。これは失策です。

仮にもターゲットのアジア市場が日本も含まれているとしたら、これは反感を呼ぶだけです。

政治的な問題と音楽を混ぜないでもらいたい。たとえ、彼女たちが韓国のコンテンツ強化政策の一環として補助金をもらっている立場であっても。

日本進出の際には、マネージメントサイドでは、対応を誤らないでもらいたいですね。「彼女たちの個人的な意見はどうであっても、あのような公式の場で歌わせたのはマネージメントの間違いでした」と明言すべきです。余計な画策はいりません。誰に対して謝る必要もありません。(それで韓国の極論者たちにも顔が立つでしょう。)ただ、否を認めることだけが必要になってくるでしょう。下手な画策は、火に油を注ぐことになります。

これがクリアされ、日本の景気が上がり、TVのバラエティが増えたなら、スヨンだけでも日本に来ないでしょうかね。週に何日かのペースで。頭の回転が速いんで、バラエティでも対応出来そうですし、日本進出の切り込み大将として最適です。韓国内では他のメンバーやグループの台頭もあり、活躍する場が少なくなっているようですし。

コメントを残す