私も、少女時代3rdアルバムの10種類CDジャケットには反対します

少女時代の韓国における3rdアルバムは各メンバー版+全員の10種類が発売される予定になっています。

私自身はSMがCD発売についてどのような戦略を取ろうが、まあ冷めた目で見ており、どうでもいいことです。

しかし、韓国のファンは怒っています。それは、彼らはメンバー誰かのファンであれ、応援するときは少女時代全員を応援しているからであり、そうしてきた自負があるからです。

そうしたファンの心を考えるに、彼らの少女時代に対する愛を踏みにじることになる、今回の販売計画には反対したいと思います。

ファンたちがSMに送った抗議文を翻訳してくださっている、A road of Koriaさんからの転載です。

【少女時代ファン連合は少女時代メンバー別個人ジャケット発売を反対します】 SMエンターテーメントに差し上げる文 少女時代正規 3集の発売を控えて 9人のメンバー別個人ジャケット発売開始計画が知らされてから これに対しファンの間に強い反対の意見が起こっており私達少女時代ファン連合では下記のように その意見を取り纏めて貴社にお伝えする事になりました。 少女時代は 2年連続私たち国民が一番愛する大衆歌手席を守って来たのみならず、 およそ10ヶ月近い国内空白期にも関わらず日本やヨーロッパその他世界各地での韓流代表歌手として 活動した点が少女時代ファンだけでなく一般人達にも大きくアピールされ、 今回新たに準備されている正規3集に多くの関心が寄せられている状況です。 そう言った中、メンバー別ジャケットを売り出す場合に以前雑誌マリークレールの前例があったように カムバック以後、少女時代が新しい音楽と舞台の外にメンバー別ジャケット販売状況に 言論と大衆の関心の集まる不祥事が発生しなかろう壮語することが出来ないしまたその過程で メンバーたちと少女時代を愛するファンが傷つくようになることは火を見るよりも明らかな事です。 貴社ではお分かりになるか分かりませんが少女時代のファン達はメンバー個人を主にした応援を控え、 9人が一つになったグループ ‘少女時代’を支持する文化がデビュー4年目で深く根付いている事に 対しての自負心があり、 ファンが1つになにってそれ程にまで守って来たグループメインの ファン達の文化が今、メンバー別個人ジャケット発売開始によって瓦解してしまう事を願いません。 またメンバー別ジャケットを売り出す事でアルバム販売量の増大効果を狙うにはもう既存の正規 2集 Oh!のランダムフォトカード方式やリパッケージRun Devil Runのランダムフォスター方式でも 充分に刮目に値する販売量を納めましたし、 今回の正規3集の場合には国内舞台カムバックのみを 指折り数えて待っていた既存ファンと新規流入されたファンそして少女時代を愛して下さって 少女時代の音楽に関心を持って下さる一般音楽ファン層まで含み確実に以前より成長した販売量を 記録するはずだから敢えて自信します。 また少女時代が大衆から愛されるアイドル歌手として大切なのは ‘アルバム’であり 基本的に良質の音楽コンテンツで勝負するべき事であって’グッズ’ではないと思います。 特別な商術を使わなくても徹底的に収録曲に対する好評価が繋がれば結果80万枚以上の販売量を 記録し余勢を駆って成功している日本正規 1集の場合を考えて見ても日本でもお目見えしなかった メンバー別ジャケットを敢えて韓国で販売する理由を理解する事が出来ません。 企画段階とは言えもう編成された版を修正するのは容易い事ではないと言う事は分かっていますが、 このようないくつかの点を再考して頂きましてメンバー別個人ジャケットの発売計画だけは 撤回して下さるようお願い致します。 私達ファンは誰よりも少女時代の正規 3集活動の成功を祈っていますし、 これを積極的にサポートしようとする気持ちですから単純なファンの不満や軽い苦情だからと 心に刻ざまれずに慎重に検討して下さってメンバー別個人ジャケット発売計画を 撤回して頂けたなら私達ファンは一層軽ろやかに嬉しい心で少女時代のカムバックを 全幅の信頼を持ち応援支持するでしょう。 韓流を導いて行く屈指のエンターテイメント企業人貴社と所属アーティスト少女時代の未来に 良い事のみ起きますよう心よりお祈り致します。 ありがとうございます。少女時代ファン連合

これを載せられているSeriさんが、他のブログへの転載を希望されているため、当ブログにもコピーさせて頂きました。

結果としてメンバーの人気投票になってしまう、今回の販売企画。SMへの抗議の意も込めまして、載せさせて頂きました。ぜひ、賛同されていただるかたは、韓国のファンと同様に、SMへ異議を主張しましょう。

私も、少女時代3rdアルバムの10種類CDジャケットには反対します」への1件のフィードバック

コメントを残す