少女時代の新曲、Time Machineの仮歌

プロデュースしたHIROさんによる、仮歌(風?)日本語版がYoutubeに上がっています。

HIRO singing 少女時代「Time Machine」

本来、私はアーティストがリリースする前、もしくはあとでも、その元歌を作った人が、この手のビデオを載せるのは反対です。曲を提供した時点で、その曲は提供先のアーティストのもの、いくら権利があるとはいえ、自分の名前を売り出すために、意図的に流すのは、良くないと思います。

ただ、今回は様子が違うんですよね。まず、HIROさんがトラックメーカーではなさそうだということ。どうやら、今回もCo-Worker、共作者扱いであるということ。共作者といっても範囲が広いですが、プロヂュースと日本語詞の担当らしいということです。全部の権利を持っているわけでは、ないでしょう。

ボーカルトラックを録音していますが、これもまたHIROさんによるものと見られる、バック・コーラスが既に入っていますね。売り出しのためにでもバージョンというわけでも、厳密には仮歌バージョンでもないようです。まあ、私は録音したことはありませんが、メインのボーカル無しに、先にバックのボーカル録音するなんて、やりづらいんじゃないかなと思いますね。たぶん、メインのボーカル取ってから、それに合わせて、バックのほうがやりやすいと思います。もちろん、先に楽譜書いて、それ通りに歌えるのなら、どちらでもいいんでしょうけどね。

もちろん、本当の仮歌はHIROさんによって歌われているでしょう。しかし、今回のビデオは、プロモーションの一環であろうと見ています。

全権がない、そして、既にバックが入っているカラオケで録音する。それを録画し、左下にカウント入れることで、演出している感がある。まあ、既にHIROさんによって歌われている別の動画でも同じですけどね。それらを含めて、上手い宣伝の方法ではないでしょうか。

ちょっと前の、ツイッターによる宣伝が本当にSMによるものであったら、下手でしたが、今回は間接的でも上手いやり方ですね。

コメントを残す