少女時代、The Boysリリースは19日にやっと決定

テレビ出演のスケジュールの決定の噂から逆算して、19日リリースと予測されていました。そのとおりでしたね。

新たに、真っ白なドレスを全員が着たバージョンのイメージ画像が公開されました。明らかに、今までのThe Boysで展開してきたイメージ戦略とは、異なっています。迷走するSMというところでしょうか。

19日はPVやら配信やらの決定のようです。

11月にアメリから順次発売とされていますが、アメリカから発売されるのはマキシシングルで、アルバムの話では内容です。情報をごちゃ混ぜにしてSNSで話されているので、混乱している方もいるでしょう。

すると、アルバムの発売はいつということになりますが、これも19日でしょうか?韓国語が読めないため、正確な情報が捕まえられません。

米国の発売はユニバーサル系のレーベルからです。すると、日本で噂されていた、少女時代の契約がAVEXに移るという話はガセだったことになりますね。少女時代としては日本でユニバーサルと契約したのは、結果として良かったのではないでしょうか。

米国のマキシシングルの発売に関して、少女時代のメンバーが全米で販促活動することを期待している人もいらっしゃるようです。私個人の予想としては、「それは無いだろう」なのです。

まず第一に、K-POPが米国のポップスを下地にしているため、同じスタイルで挑んだとしても、ヒットする可能性が少ないこと、第二に少女時代のネームバリューがそれほど無いであろうということ、第三にSMは韓国一番の芸能事務所の意地がありますから、本格的にやったけどダメでしたという、ワンダーガールズと同じ轍を踏むのは、避けるだろうということ。

さらに、東方神起の分裂騒動で裁判で判決の出た、いわゆる奴隷契約は違法であるということで、現在のSMの契約はたぶん契約期間も短くなっているはずです。少女時代はメンバーが多いため、離脱者が出る可能性もそれだけ多くなります。メンバーの中には恋愛・結婚願望の強いメンバーもいます。いざ、結婚したいと思っても、契約のせいでできないとなれば、契約の延長はしないかも知れません。すると、米国で人気が出たとしても、売り出しの途中で離脱されたり、もしくは人気が出てしまったがゆえに、グループを離れソロで米国にて活動するため、SMを離れるメンバーもでる可能性があります。まあ、SMがそこまで考えているかはわかりませんが、そこまで考えていないとしたら、SMの成功は偶然に過ぎないということです。

一番大きのは、第三の理由、やってみたけどダメでしたというのは面子が立たないので、今回はシングルだけ出してみて、ネット上の情報操作で、各国においてどの程度の販売実績が残せるかで、将来の進出プランを決めるのでは無いでしょうか。

もし、本格的に進出し、その準備を行なっているとしたら、ユリとティパのMC復活や、メンバーのバラエティー出演、ユナのドラマ出演などは行わないはずです。韓国内での歌以外の活動を再開したのは、しばらく韓国内をメインとすることでしょう。

まあ、あくまでも私個人の見方です。特別は情報ソースを持っているわけでなく、ネット上の情報のみを頼りに組み立てた予想です。競馬の予想屋程度の信頼性ですよ。

そもそも、今年の日本国内での活動は急テンポ過ぎました。もっとじっくり人気を育てれば、今回のツアーの倍位の規模でもいけたと思います。それを急いだのは、KARAが日本国内で人気を得ており、このままではSMが日本でDSPに負けたとなるため、面子のために全てを急いだのだと、私は思います。KARAは分裂騒動でごたついていましたから、その隙を狙ったのでしょう。実利より面子を取ったのだと推測しています。次回のジャパンツアーも今回と同じ規模でいけるかといえば、K-POPの目新しさもなくなってきており、さらに他のグループの進出も続いているため人気がバラけてくるでしょうから、難しいでしょうし、ツアー規模が落ちるという予測ならば、これもまた面子のため新しいツアーは行わないでしょう。(唯一、起死回生の手段は、日本向に内容で勝負のヒット曲、ヒットアルバムを出すことです。こちらの成功確率はかなり高いと思います。まあ、きちんと作りこめばですよ。ダンス曲でデジタルの音ばかりでなく、韓国版アルバムのように生楽器使った曲もいれて、バランス良く作ればかなり良いアルバム出来ると思います。)(唯一とか書いた後で何ですが、他の可能性としては、日本語の発問がうまいユナに日本のドラマ出演をさせるか、ソヒョンかスヨンにドラマ、バラエティーあたりでの活躍をさせるかですが、こちらもパイが少ないので、チャンスを得るのが難しいですね。日本での人気が続いている、今のうちであれば、そのチャンスもまだあると思います。)

すると、当面は韓国主体で、アルバムやシングル発売に合わせて一時的に海外出張という形に戻るのでしょうね。でも、米国で成功する可能性は低くても、日本向で発売すればまだ50万部くらいはCD売れると思うので、どちらがいいかは明白だと思います。けど、面子もあるから予想しづらい会社です。

これでアルバムの出来が悪かったら、どうしようも無いですな。SMですから、その心配は無用なんですけどね。

コメントを残す