少女時代、I got a boy、90点

もう、韓国での活動は終了しました。そこで、正直に採点してみたいと思います。

毎回、アルバム発売直後にやっていました。今回はアルバムをあまり聞く気にならなかったのです。直前の日本語フルアルバム2よりもまともであるのは分かっていました。

理由は簡単です。I got a boyを観るのが楽しいからです。聞くんでなくて、観るのがです。

既に、この曲の評価については、韓国内でも私と同じような意見をお持ちのかたがいらっしゃるので、紹介しましょう。

 少女時代「I GOT A BOY」は失敗なのか?

この記事の冒頭、最初のラップ部分が粗雑であると指摘されています。これは、リスナーとしての目線です。しかし、難しい曲ですが、アイドルのタイトル曲、韓国での音楽活動曲であるという視点が欠けています。

第一に、この曲の構成全体では、今までの曲よりもボーカル陣が歌う部分が長いのです。その調整もあり、冒頭はスヨンとユリが担当しているのです。

第二に、この簡単なラップの部分でファンは一緒に合唱できるのです。いわゆる「応援」といわれる合いの手が、他の部分ではやりづらい構成になっています。ですから、曲全体を考えるとこの部分は必要なのです。一気にファンとの一体感を盛り上げています。それを狙って作ったのであれば、たいしたものですが、たぶん偶然でしょう。

また、記事中で音楽番組で振り付けと一緒に見るとよりいきいきとして感じられると指摘されています。

これは全くの同感です。この曲は、ダンスパフォーマンスありきの曲です。

メンバーが楽しくダンスするのでなければ、何曲もつなぎ合わせるのではなく、おそらくメインのI got a boyの部分だけをそのまま出したほうが評価は高かったでしょう。シンクした力強いヒップホップスタイルのダンスをメンバーが踊るからこそ、このつぎはぎ曲が生きたのです。

記事の最後は、少女時代の音楽がどこへ進むのかを疑問視しています。

私の意見は、どんな音楽を持ってこようと、韓国内でかつてのような大ヒットは生み出せないでしょう。今の少女時代の活動は、正直アメリカ市場に進出するための布石であると思います。

日本や韓国のような建前が儒教国では、メンバーの恋愛や結婚でアイドルグループの人気はガタ落ちになります。そして、メンバーの口から恋愛やら恋人やらの話が漏れ始め、将来の結婚に関して本人たちが望んでいるという状況が表に出ているという事は、本当にひとりでも結婚してしまえば、もうロートル扱いになるでしょう。(ワンダーガールズ?確かにメンバーが結婚しましたが、既にロートルです…)

パフォーマー、もしくはアーティスト、そしてアイドルとしても恋人がいても人気が落ちない欧米で、人気が出せれば、メンバーは結婚し、さらに活動を続けることも可能でしょう。

そして、アジアに住む我々にとって、いまだアメリカは特別な国なのです。特に一番成熟したエンターテイメント市場であり、そこでの成果は本国でもステータスとして活かすことができます。

SMエンタとして、また会長のイ・スマン氏が目指しているのは、この方向でしょう。それをおおっぴらに言ってしまうと、横槍が入るのが韓国社会ですから、直前まで言わないでしょうけれどね。

別の記事をご覧ください。

少女時代「I GOT A BOY」の問題は複雑な構成ではない

この記事は、先の記事よりずっと前のものです。

私も、この曲とパフォーマンスをどう表現すればいいのか悩んで、「ミュージカル」という言葉が浮かんだんです。しかし、記事をすぐに書かずに、一日寝て起きたら、この翻訳記事を見つけました。

I got a boyを一言で表すなら、スタイルはヒップホップ、楽しさという点ではミュージカルでしょう。

そして、コンセプトが「女の子のおしゃべり」である部分が重要であったという点が指摘されています。私が、日本語アルバム(そしてRDRやHoot)を最高に評価できないのが、リアリティの欠如です。彼女たちの「身の丈にあった」曲で無いことが、どうしてもパフォーマンスしている彼女たちと曲が乖離しているように思えるのです。

I got a boyは彼女たちが、ダンスとともに、歌うことを楽しんでいるのもポイントが高いです。(いつものとおり、音楽活動の最初はリップシンク、後に行くに従って段々生要素が増えたという事実があったにせよです。)

結論として、この曲はメンバーが楽しんでパフォーマンスするところに、ポイントがあり、それ故に見ている私達も楽しい気分になるのです。そういった意味で、このつぎはぎ曲に90点あげられます。

唯一、心配なところは、活動期間前から終了まで、ソヒョンの表情が固いこと。細かい表情を作ったり、愛嬌ポーズを自然と出せるようになったのは成長ですが、メンバーの中で唯一表情が、この活動中ずっと本気の笑顔が出ていないことが気になりました。迷っているのか、彼女の信念が壊れるような出来事があったのか。最近は男性を紹介してくれと、他のメンバーに離すようになっているみたいですし。いずれにせよ、彼女は変化、転換期にいるようです。

アルバムに話を移しましょう。よく聞いてみると、完成度はあまり高くないようです。つぎはぎ曲がタイトル曲以外、999も入っているのはマイナスです。いつも通りアルバムコンセプトが統一されていません。さらに、曲の仕上げがなんだか雑です。調整不足です。良いスピーカーかヘッドフォンなどで聞けば、面白いところもありますが、広く一般的な一般的な音響設備で聞く分は、面白みにかける作品ばかりです。どうしたんでしょうか。(この意味ではI got a boyは逆でしょう。良い音響設備で聞くと、粗が目立つ作品ですが、一般的なスピーカーで聞くとまともに聞こえます。)

アルバムは50点ですね。そうすると評価は日本のセカンドより低い評価です。正直に書いてすいません。でも、何度も聞けたものではありません。あとの興味はどんなダンスパフォーマンスを乗っけるかです。

今回のアルバムに関しては、イ・スマン会長がしゃしゃり出たようです。それもあるのでしょうか、マスコミの評価が実際より高いように思えます。やはり、会社外にも影響力を持っている人なのでしょうね。日本より、長いものにはまかれろ社会ですから。

コメントを残す