少女時代、半分以下のメンバーが恋愛中だとか

サニーが韓国のテレビ番組、強心臓でメンバーの半分以下が恋愛中だと告白しました。

もちろん誰がとか、実名は出ていません。曖昧な表現しかとっていないようです。

アイドルですがメンバーの年齢も上がってきており、恋愛話も出てくるでしょうが、今までは打ち消してきた事務所の方針とは違い、今回のサニーの話は、それとなく、恋愛禁止がなくなっていることを告げています。

事務所も予め話す内容は分かっているでしょうし、内容も戦略的に決まっているでしょう。アルバム発売前のテレビ出演ですしね。色々と考えていることでしょう。

アイドルとしては恋愛話が出れば、どんな人であろうと、人気が落ちていきます。つまり、事務所としても、これからアイドル路線からの脱却を意味しています。日本のアルバムの新曲の傾向をみても明らかです。また、次のアルバムの曲を聞いてみれば、本気度が取って見れます。中途半端にアイドル路線を残そうとすれば、中途半端な結果しか生まれないでしょう。

実際、SMの中でも後続グループのf(x)に人気のバトンタッチをすべき時であり、f(x)も人気が上がってきただけに、タイミングとしてはいい時期です。少女時代はネームバリューを生かし、アーティストとして、恋愛話が影響を余り与えない、海外(韓国にとっての)進出を更に加速していくでしょう。

もし、アイドル路線を脱却しようとするならば、SMは恋愛関係にあるメンバーをリークするでしょう。いきなり人気のあるメンバーをリークしてしまい取り返しの付かない事にならないように、韓国内で人気の低いほうのメンバーを最初にリークするでしょう。

よく、「誰々ももう恋愛する年齢だから、当然だよね」という声が上がりますが、表向きの意見とは裏腹に、人気は確実に落ちていきます。まあ、実際これを期に、アイドルではなくアーティストとしても韓国、日本、中国あたりの人気は落ちるでしょうね。実際は年齢なんぞ余り関係なく、色恋話がなければ無いほど、人気は延命できるのです。男性女性、アイドル・アーティストを問わずです。

所属アーティストの恋愛というSMにとっても未知の領域に到達しようとしているわけです。たぶん、この戦略は確実にポシャるでしょう。

これで、残ったファンがずっと少女時代を支えていくことになるでしょう。

私?うーん。どうだろうね。Rainbowも思ったより、日本で活躍しそうだし、IUもいるし、A Pinkもいるしね。少女時代にこだわる必要性は無いんですよね。基本、ボーカリストが好きなんですよ。少女時代は、全員がスーパーとは行かなくても、一定のレベル以上の実力持っているから、好きなんです。でも、最近、かぶせばっかりやっているから、手抜き気味で、それがバレる映像とか流れがちですからね。このままだと、海外進出可能な人気が保てないのでは無いかと思いますよ。

日本でもエンターティナーで歌のうまい人でてこないかな。男性でも女性でもいいだけどね。心踊らせてくれるなら。音楽については両刀遣いですから。 😀

コメントを残す