少女時代、アメリカ市場への意気込み

日本の市場に精通しているアメリカ人が、ティファニーにインタビューした記事を読みました。日本語になってますよ。

英語の話せる相手ということで、ティファニーになったんでしょうね。

イ・スマン会長の意図と同じく、ティファニーも最終的にアメリカ市場へ進出したいようです。ただ、一つ気になった部分があります。

テイファニー曰く、今は日本で活動しているために、日本語で歌っているけど、英語で歌ってアメリカの市場に打って出たいとのこと。

原文がわかりませんから、この和訳が正しいのかわかりません。正しいという前提で読めば、日本で活躍する、日本語で歌うのは本気で無い、抵抗がある、途中経過でしか無いという、ニュアンスが入ってしまいますね。

ティファニーは基本アメリカ人ですから、アメリカ進出を熱望しているのは分かりますが、これはちょっと日本のファンにはショックですね。最近、私もティファニーを褒めていますので、いささか当惑しています。

これは、ティファニーがどこの国のアーティストであっても、同じでしょうが、訪れている国、そこで活躍しようとしている国は持ち上げておくべきです。もし、インタビューでこの手の質問を聞かれたら、「今は日本語で歌うのも楽しんでいるわ。もし、ヨーロッパに進出できるなら、その国の言葉でもパフォーマンスして、わかせたいと思っています。もちろん、チャンスがあるなら、アメリカにも進出したいです。でも、英語は勉強する必要はありません。比較的得意ですから。」というのが、教科書的な答えになりますね。ちょっとジョークも入れてみました。

まあ、本人がこれに似た答えをしても、インタビューをまとめる段階で、最初の表現になってしまっている可能性もありますが、そうであれば、まとめた人の意図が悪いですね。

少女時代は最後はアメリカに進出するでしょう。しかし、記事の中でも指摘されていますが、韓国流を突き通せば、失敗します。ですが、ワンダー・ガールズの例もある通り、アメリカ流で資金を投入し、全国的にキャンペーンを張ってみても成功できるわけではありません。

少女時代のメンバーは歌も踊りもうまいですが、それはアイドルレベルに比べたらということです。アメリカには英語でうまく歌える人はたくさんいるわけで、市場が大きい分、ライバルも強いのです。

ですから、少女時代がアメリカに進出するのは、後4年後くらい、メンバーが今以上に実力を付け、たぶん2,3人は結婚したころくらいがいいのではないでしょうか。

K-popがアメリカのポップの流れを受けているのはよく知られています。同じ土壌で勝負したら負けるでしょう。でも、J-popのスタイルは独特ですが、アメリカの市場では、受け付けてもらえないでしょう。SMは世界中から曲を集めていますし、それはいい意味で取ればバラエティーに飛んでいます。逆に言えば、SM所属アーティストには、独自のカラーが弱いのです。アーティストがアーティストであるための、基本である「個性的であること」が抜けています。基本はアーティストで、流行り曲をパフォーマンスするのが仕事ですから、しょうがないのですが。

ですから、少女時代が世界で活躍するには、アーティストとして自分たち独自の色をはっきりと出せること、後は可愛らしさや、愛嬌だけでなく、一般の人生経験が必要なのです。SMは厳しいとはいえ、守られた世界での厳しさでしかありません。ほんとうの世界、いわゆる世間の厳しさとは質が違います。今持っている、アイドルとしての振る舞いや人格ではなく、もっと一人の人間として、個人としての向上が必要です。メンバーはアメリカのアーティストがお好みのようですが、アメリカのアーパーなアーティストに憧れているのでは、彼らを追い越せないのです。

彼女たちの人格が熟し、パフォーマンスレベルも更に向上したら、ほっといてもアメリカでもどこでも、向こうから呼んでくれる存在になるでしょうね。

アジアの中で、今それができそうなのは、少女時代だけです。

コメントを残す