Perfumeは世界へ出るなら、まず韓国でコンサートを

少女時代の米国進出プランを書きました。日本にはPerfumeがいます。

事務所やレコード会社の思惑はどうであれ、本人達は海外進出を従っている様子。では、どうやるべきでしょうか?

MSエンタの社長が、日本人が海外へ進出しないのは、日本の市場規模が大きく、小さな海外で活動しても、得られる利益は小さい。経済的に言ったら、馬鹿げたことであるからだと正論を言っています。

既に書いたのですが、この点は私も同じ意見なのです。日本のアーティストが、K-POPが流行っているからといって、韓国で活動しても得られるものは少ないのです。

でも、あえてPerfumeが世界進出(韓国へ進出ではなく、世界です ;) )するために、まず足がかりとして韓国で単独コンサートを開くべきであると思いました。

まず、韓国にもPerfumeファンが多く存在するのがわかりました。アジア・ミュージック・フェスティバルでパフォーマンスした際の熱狂的なファンの声が素晴らしかったです。

それに、韓国は近いですから、日本のファンも応援に行けます。

そのコンサートの様子は、勿体がらずに、Youtubeにライブで流しましょう。ニコ動の生中継でも、UStrimeでもいいですが、Youtubeは世界中で名前が知られていますから、これを宣伝媒体として使わない手はありません。「日本のPerfumeが外国であり、K-Popが生まれた韓国でパフォーマンスして熱狂的なファンの歓声を浴びている」という事実を多く流す必要があります。K-Popが世界的な流行をしている今ならば、韓国の名前も宣伝に利用できます。

この、Youtubeに流すのが重要なポイントです。これを積極的にしなければ、韓国でコンサートを開く意味が落ちてしまいます。

著作権的に問題は通常ならありますが、Perfumeの音楽の生みの親であるナカタ氏はダメだとは言わないでしょう。かつてはMy Spaceで音楽を発信していましたし、彼のトラックメーカー、プロデューサーとしての名前も世界的に上げることができます。

問題は、事務所とレコード会社ですね。どちらも、世界へPerfumeを発信するだけの戦略がありません。今まで通りならば、無断で投稿された動画を消しまくり、それが自分たちの利益だと言い続けるでしょう。

はっきりといって、それではダメです。SMエンタに市場を食われて世界進出は難しいでしょう。

本来、SMがやっている手法をそのまま真似しても追いつきませんが、動画のコメントなどから、Perfumeのファンは世界中に存在していると考えられますし、世界中のファンに受けるだけの要素を持っているがこそ、同じ手法をとっても、SMと同様に宣伝効果が得られでしょう。

彼女たちが30歳になって今のままのスタイルでやれるかといえば、それは無理な話。それほど時間はありません。

事務所、レコード会社が頭を切り替えられるかが、問題なのです。なにせ、レーベルが徳間書店の元子会社ですからね。出版という同じ著作権ビジネスから生まれた会社ですから、頭が古臭いのではないでしょうか。

あと、本当に海外進出したいのなら、「最低でも英語」です。大学へ行ってる暇があったら、本当に語学だけでもペラペラになっていれば、もっとチャンスがあったのにと悔やまれますね。今からでも、テレビで受け答えできるくらいの英語なら、まだ間に合うはずです。使える時間全部使って、英語のスキルを磨いてもらいましょう。

コメントを残す