PerfumeのAsia Song Festival、オンエア

そういえば、Asis Song Festivalはどうなったんだと思っていたら、先週地上波で放送されたようでした。

さて、Perfumeのパフォーマンスはどのように放送されたのか?日本語曲がそのまま流れたのか?

実際は、そのまま流れました。やはり、既に日本語曲を地上波で流すこと自体は問題ないようです。

4曲やったうち、前半の新しめの曲とMC部分はカットされました。放送されたのは、ポリリズムとチョコレートディスコという、韓国でもお馴染みの2曲でした。

さて、すると韓国の開国は、あとは国民的な受け入れ態勢、もしくは放送局の考え方ですね。

日本の2~30年前の芸能界で、曲やパフォーマンスだけ進化した状態が、韓国の現状と考えていいようです。良い点も悪い点も、昔の日本の芸能界と似ています。

最近まで、紅白には演歌歌手が出ないと、おじいさん、おばあさんが納得しないという理由で日本でも、ヒットもしない演歌歌手が手続けていました。去年、ジャニーズのわがままで、事務所あたりの出演グループ数制限が崩れ、今年は暴力団と関係ある、ありそうな歌手はお断りで、ガラっと様変わりです。やっと、日本でもここまで来ました。

こんな感じで韓国でも進むのならば、音楽番組に日本のアーティストが出演して、パフォーマンスするなんて十年かかるかも知れません。インターネットの発達により、世界的に平均化が加速され、その影響で韓国もワールドワイドにアーティストを受け入れるかも知れません。そうなることを願っています。

コメントを残す