Perfume、海外進出は本気なのか?

海外進出を阻んでいるのは徳間ジャパンであったのかと思いましたが、そうでもないようです。

最近の曲は、またイマイチになってしまったため、あまりチェックしていなかったのですが、たまたま引っかかったYoutubeのコメントに、「海外進出するはずなのに、フルPVを公式チャネルに上げず、プロモーションが下手だ。」という投稿がありまして、少し見て見ました。

そうしたら、世界進出といっていたのに、たしかに移籍後に発売した曲の半分くらいしか、アップされていません。

PVというのは、プロモーションビデオです。プロモーションのためのビデオです。まあ、確かにCDの特典としてPVをつければ、販売促進になりますが、それは既にファンの人達だけです。新しい人や、元ファンを取り戻すために、使うのでなければ、ただの特典映像です。

そして、K-POPがYoutubeを通じて、世界中に広がったように、今やYoutubeはアーティストの良い宣伝媒体です。使用するのにお金もかかりません。世界中に向けて手軽に発信できるのです。

移籍後、正式にPerfumeチャンネルを作成したのですから、当然これをフル活用し、世界に向けて発信するのだろうと思いました。古いPVは全部上げたようですしね。しかし、新しいPVをアップしないのであれば、効果は半減です。

となると、頭が古臭いのは元の所属レーベルである、徳間ジャパンだけではなかったようです。所属事務所自体、やはり本気で世界進出するより、日本国内でちまちま商売することを選んでいるようです。

今回のアジアツアーは、よくある海外ツアーをしたという「はくをつける」ためなのでしょう。世界進出を目的と言うより、国内向けの宣伝のためのようです。本気ではないようですね。残念です。

これは言いたくありませんが、Perfumeも終わりかな。音楽的にも、プロモーション的にも、攻める気持ちが全然みられなくなりました。

コメントを残す