Perfume、メインのボーカルイメージは誰になるのかな?

JPNを聞くと、第一印象として、それまでのアルバムよりかなりガーリーに仕上がっているのには誰でも気づきます。最近、話題に上がることもありませんが、パフュの3人を加工し、合成した声がパフュの声であるということをヤスタカ氏はかつて話していたことがありましたね。

JPNを聞いていると、曲のイメージもそうですが、この3人合わせた声がかしゆか寄りになっています。かしゆか本人の性格と言うより、その声のイメージですね。

そう考えると、他のアルバムはどうだったのでしょう。聞きなおして見ました。

GAMEと⊿はそれほど違いがないように感じます。それは、あーちゃんとノッチの間にある声の違いが、かしゆかとの間の違いよりもかなり小さいからではないでしょうか。それ故、ある意味、似ている部分があるのです。

どちらがどっちというのは難しいですね。けど、あえて区別するのなら、GAMEがあーちゃん、⊿がノッチでしょう。コンプリートベストに含まれている曲ぐらいまでは、合成した声が誰に似ているか、各曲毎に違っているように感じます。ノッチの声の特徴であるストレートでパンチのある感じに仕上げた曲が目立ってはいますけれど。

この仮説が正しいとしたら、ヤスタカ氏はコンプリートベスト以降、アルバムリリース毎に、メインとなる声のイメージを決め、それに合わせて楽曲を作成してきたことになります。それならば、バラエティーに富んだ曲を作成しながらも、アルバムにすると統一感が出てくるのもうなずけます。

JPNで一巡したことになります。これから出てくる曲は、あーちゃんかノッチの声のイメージに合わせて出てくることになるかもしれません。そうであれば、今回のアルバムに尖った曲が少ないとお嘆きのファンは、期待できますね。

エレワなどの初期の曲に含まれている尖った部分が若さ故のストレートさとその矛盾を含んでいるものであったとしたら、これから出てくる曲はそれよりも成長し、人生の毒を含んだ感じになってくるんでしょうね。

コメントを残す