Perfume、やっと世界へ向けてレーベル移籍

ついにPerfumeが動き出します。世界へ向けて、レーベル移籍です。

曲、振り付け、ライブの構成、演出など、世界へ出しても恥ずかしくない、ちょっと前の流行りで言えばCool JapanであるPerfumeがついに、世界へ向けてユニバへ移籍です。

いささか遅すぎましたが、しかし契約が色々とあるので致し方ない部分もありますね。

少女時代の世界的な流行は止められません。世界進出という意味で、K-Popが先行したのは事実です。

Perfumeが世界に出ます。しかし、これはJ-Popが世界に出るのではありません。Perfumeという音楽ジャンルが世界へ進出します。

今までの所属レーベル、徳間ジャパンは過去の著作権ビジネスの形にしがみついているため、ネット展開がうまくありませんでした。ユニバ系であれば、これも改善されると思います。今、世界へ進出しようとするなら、ネットを上手く利用できなければ、難しいのです。

最近のPerfumehは、そのポテンシャルに対して、夢が小さすぎました。やっと、本来の器の大きさに見合ったレベルの夢を語ってくれるようになりました。

相手が世界であれば、ヤスタカ氏も存分に腕をふるえると思います。もう、才能の出し惜しみをすること無く、世界の音楽市場をヤスタカ色に染めてください。

ファンにはPerfumeが世界で成功することは見えていました。後は、3人が決めるだけだったのです。

さあ、忙しくなりますよ。3人には語学力をどーんとつけてもらい、どこへ行ってもトークも冴えるPerfumeでいてもらいましょう。不可能でありません。この3人には不可能という文字はないのです。

コメントを残す