独Perfumeおやじ化作戦、その3

さて、Perfumeが気に入ったので、ドイツ人の同年代(40代)の人間も気に入るかのレポートです。

彼は病気で家を離れており、郵便配達人もあほだから送ってもらっても返送されるだろうという言葉を何のその、最近の私は絶好調なので「絶対に彼の手に届くだろう」という信念の元に、郵送しました。

唯一の誤算は、SAL便で2週間で到着させるつもりが、航空便にしてしまい、5日で打擲するであろうと言うこと(レシートに書かれた送料の値段で判断)

本日、到着したとのこと。回復して家に戻ったそうです。ほら、グッドタイミング。

「最初の印象が悪かったとしても、全トラックを3回聞け。必ず気に入る曲が見つかるから。私のように」と伝えました。

Perfumeの解説についてはゆっくりと書きましょう。もう、CD付いちゃったし。

本日は、仕事が休みになってしまったので、反応があれば、リアルタイムで報告します。w

コメントを残す