アンチはジェラシー

PerfumeやらSNSDやらKARAやらに興味を持ち、情報をインターネットで検索すると、対象を嫌いな人たち、いわゆるアンチの存在が気になり始めます。

どんなものであれ、それについて知らない、情報が無い、知らないで置くことを選択しておれば、「無関心」の状態でいるわけです。ここで重要なのは、情報入手の初期段階で、自分に必要ない情報は本来自分で遮断できるはずで、それを受け入れるかの選択肢は実はその個人が持っているわけです。

情報を初めから受け入れていない人は、ある事柄に大して無関心ですから、アンチになりようがありません。それに関する情報は単に無視されるだけです。今の情報過多の時代において、我々が一番多く選択している手段です。情報が世の中にあふれているこの世の中で、どんな情報も受け入れてしまっては、さすがの人間の脳でも捌ききれないでしょう。

ということは、アンチになっている人は、一度はその事柄についての情報を受け入れると決意した人なわけです。

受け入れた後に、その対象や対象についての情報をどう判断するかは様々でしょう。好き・嫌い、有益・無益、その他諸々です。一番多いのは、その情報を一度受け入れてみたけれど、やっぱり自分には役に立たない・合わないと判断し、関心を解き放つことでしょうね。

ところが、情報受け入れ後の判断で、わざわざその対象を攻撃する立場を選択するというのは、どうしてでしょうか。次回から、対象に関する情報を受け入れず、全く知らなかったときと同様に「無関心」のレベルに戻れば良いだけなのに。

この回答を探すのに、他の人をわざわざ調査することはできません。ですから、自分の心を探って答えを探してみました。あくまでも、個人的な見解ですが、多分、多くの人にも共通すると思います。

私はPerfumeやSNSD、KARAの音楽やPVを基本的には愛しています。メンバーの中に嫌いな人は全くいません。でも、完全に全部を受け入れているわけでもありません。一部は、なぜか拒否反応があります。この拒否反応の部分を探ってみれば、アンチとして攻撃する人の気持ちもつかめる気がしていました。

先日、まだ気温が上がりきっていない4月の始めに、因果な商売で、雨に濡れ続けてしまい、そのときにちょいと時間があったのでこの問題を考えてみました。(風邪が治りきらず、ずっと引きずっていたのですが、この日の雨で完全に気管支がおかしくなり、夜中に呼吸困難になるほど咳き込んでしまい、いまは仕事を休んでいます。さすがに、きれいに直しきらないと今度は仕事中に倒れそうです。w)

自分に対して「では、Perfumeに対して納得できない点は?」、「SNSDに対して釈然としない点は」、「KARAで好きになれないところは?」と自問自答していくうちに、理論としての答えとは別に、心の中に引っかかる感情があることに気づきました。この感情は「嫉妬心」というのが一番近いでしょう。

つまり、若くして自分の道を見つけ、それを邁進し、成功をつかみ、歌やダンスの才能に恵まれ、お金も自分より稼いでいる人間なんだという嫉妬がありました。

日本人、実は日本人でなくても真実だと思いますが、彼らに「苦労した」というストーリーがあれば、彼らの成功を受け入れやすくなります。「それだけ苦労したのだから、成功できて良かったね。」と納得できるわけです。

もちろん、ファンになる方の方は、この嫉妬心が全くないか、存在していてもほんのわずかなため「好きだ」、「気に入った」という気持ちが勝ち、ファンでいられるわけです。

逆にアンチに走る人は、この嫉妬が大きかったり、他の悪感情とまぜこぜにして八つ当たりをしているのでしょう。

もちろん、人がある事柄に対して反感を持つのは、たくさんの理由がありますが、自分の直接手が届くところにあるわけでなく、離れたところにいるスター的な存在に対して、悪感情を持つとしたら、ほとんどの場合、これが当てはまると思います。

ですから、憎まれる原因は、当然ながらスター側にあるわけでなく、憎んでいる側の問題です。本人がそれに気づき、その気持ちを捨てない限り、苦しいのは憎んでいる本人というわけです。かわいそうな人たちなのです。実質的な被害がなければ、放っておきましょう。

人気のあるグループ、人気のあるメンバーほど、アンチを引きつけます。特に外見で人気を博するタイプの人は昔からアンチを集めますね。歌とかダンスとかで人気を集める人は、それほど集めませんね。関心を持った人々を納得させる部分があるからでしょうね。

Perfumeのあーちゃんはどうもネットの情報を読み、過去にショックを受けた経験を持っているらしいですね。誰かが、芸能界での成功は特に嫉妬を呼び、攻撃される可能性が多いこと、それはアンチ側の都合であって、成功者自身には何の責任もないことを教えてあげておけば、傷つかずにすんだかもしれません。成功の過程でネット上の評判も一因であったPerfumeのメンバーがコンピューターを利用しないというのは、もったいないですね。KARAはギュリ姉さんとニコルがtwitter活用しています。日本の多くのアイドルもブログは活用しています。これからのアイドル像ですね。

コメントを残す