いまさら、Negiccoのあなたとpop with youについて

確か、もうすぐ次の曲がリリースでしたね。この時点で正直に書きましょう。今年、2012年が勝負の年とメンバーが言っていた割には、その気合が伝わってこない楽曲でした。

そこそこ良い曲です。ですが、Negiccoの台頭ともに「圧倒的なスタイル」という楽曲も注目され、一般の人(もしくは業界人)からのレスポンスの良さに、似た傾向にまとめてしまったのだろうと感じられます。

そのため、「攻めている」感じが伝わりませんでした。

Negiccoの曲は、全部ライブで育ちます。ですから、Pop with Youも育っているようです。しかし、一般の人に「良い」と認知されるには、楽曲自体のキャッチーさが必要でしょう。現在のリスナーに訴えかけるには、曲調が古臭い感じがするのは否めません。

この曲以前の新曲は、新しさや、攻めている感を感じられました。今年も終わりに近づき、名前を広めるチャンスが来ているようです。まだまだNegiccoはチャレンジャーです。安定路線を走るのは早過ぎます。先行しているPerfumeでさえ、楽曲の角が取れ、丸くなり、それでも三人のダンススキルは伸び続けていますが、販売で過去のように稼げなくなっています。

リスナーは気楽に新しいものを欲しがります。まだ、メジャーへの入り口に立っただけのグループが、小さくまとまってしまい、新しいものを提供できなければ、けっして大きく羽ばたけないでしょう。

次曲に期待しましょう。

コメントを残す