PropChin – 設定ファイル設定ユーティリティ

技術屋さんや、コンピューター好きのユーザーであれば、テキストエディターは普段使いの道具です。

しかし、コンピューターをビジネスやWeb、ゲームで使用するのがメインな人には、昔のようにテキストエディターを使用する機会がなくなっています。

BSWのゲームクライアントは、設定ファイルが平分テキストであり、設定を変更するには、エディターを使用する必要があります。

もちろんメモ帳(スクラッチパッド)もエディターですから、機能としては十分です。新たに、何かをインストールする必要は通常ありませんね。(Linuxなら、エディターは必修科目ですから、あらためて説明する必要はないですね)

だいぶ前から、ユーザー視線の使い勝手から考えると、テキストエディターでの設定は、いささか時代遅れではないかと思い、なにか手はないかと考えていました。

ある時、検索したら、NetBeansが使いやすくなってどうたら、こうたら、Javaで簡単にどうのこううのと情報がヒットして、「簡単なら作ってみるか」とプログラムし始めました。まあ、勉強のつもりもありましたから。(実際は全然簡単なんかではありません。w)

一応、メイン部分の設定はできるようになりました。ただ拡張部分は手をつけていません。

クライアントには拡張機能がありまして、そのうちクライアント・バンパイヤというコレクトチャット強化型の設定は、ゲームクライアントの設定ファイルに書くことになっています。

このバンパイヤの設定を取り扱っていないため、もしバンパイヤを使用している人がいると、設定内容が消えてしまいます。ただ、まあ新人さんにはとりあえず用がない部分でもあります。

実際作成してみると、クライアントの設定項目にはバグや、古くて使わないもの、動かないものなどがあり、全部が有効ではないことに気づきました。(前は覚えていたのですが、ずいぶんさわっていなかったため、ほとんど忘れていました。)

設定ユーティリティーとしては、設定をできるようにしてあります。あとは、いつの日かバグがとれることを祈っています。

ベータ版ですが、技術系ではない新人さんの設定のお手伝いのためにリリースしています。

実はフォーラムにこそっと書いてあります。読むときにはブラウザの表示メニューから、文字エンコードをUTF-8かunicodeに設定してください。

PropChin 日本語フォーラム

PropChin ダウンロード

ちなみに、chinは日本語の~ちゃんのちゃんに当たる部分です。「Propちゃん」ですね。日本語なら。w

PropChin – 設定ファイル設定ユーティリティ」への1件のフィードバック

コメントを残す