アトリビュート、属性について

アトリビュートの属性追加要求を受け付けております。

追加の内容が繁栄されるまで、数日、時によりもっと時間がかかることがあります。ご了承ください。

受け付けた属性は、極端な類義語が無い限り、採用します。

ただ、その結果、バランスが崩れることが起き得ます。日本語以外の言語でも、ワードリストについて追加要求を受け付けている所があります。その中で起きる議論は、「それは追加の必要があるのか?」ということです。それと「削除してくれ」です。セットのバランスが崩れてしまうのです。

最初にリストを作成した時点で、属性としての言葉は、意図的に広義なものと狭義なものを取り入れました。特に意味の狭い言葉は手元に残りやすいのです。遊んでもらえればわかります。狭い意味の言葉は比較的考えつきやすいのですが、ゲームが難しめになってしまうため、バランスを取るため、幅広く採用しました。(追記:広義というよりも適用範囲の広い言葉、狭義というより特定の物事にしかマッチしないことばと読み替えてください。)

あと、類義語は少なくしていました。意味の重なる部分はあるが、別のとらえ方ができそうな言葉は残しました。ある言葉があり、それを含んでしまうより意味が広い、もしくは一般的な言葉があるなら、そちらを採用しました。

さらに、専門用語、特定の領域で使われる言葉は避けました。極端に難しい漢字もさけました。これはプレイアビリティーを保ち、そして不可解な言葉が多いことはおもしろみを奪ってしまうからです。

ここに初期作成時の私自身の指針を載せたのは、みなさんの意見を制限するためではないことに留意してくださいね。ワードリストは多いほどおもしろいと思っていますので、皆さんの協力が必要です。

そして実際に、遊んでいけば分かりますが、カードセットにはバランスが必要なのです。

ワードセットに言葉を追加することは、ゲーム作成の一部ですし、あなたはクリエイターなのです。それと同時に、そのセットを遊ぶことでプレイ・テスターでもあります。どうぞ、遊びながらバランスを取ってください。いつでも修正は受け付けます。

私は検閲官にはなりたくありません。基本追加しますので、自分で遊びながら調整してください。

もし、バランスが崩れてしまったと思うとき、もしくは特定の言葉は必要ではないと思ったときには、公の場所に載せず、私にメール、もしくはログイン時に話してください。余計な議論は起こしませんし、必要ありません。うまくいかなくなったら、その時点で調整します。

楽しくなければ、このゲームの本質が失われますからね。

コメントを残す