WSPから直接シェービングソープを購入しよう

Wet Shaving Productsのソープを直接サイトから購入しましょう。送料は高くなりますが、当然ながら全商品購入可能です。

Amazon.comから購入できるのは、動物性の原料を使わないビーガンタイプのみです。しかも一部の商品のみです。獣脂も原料に使っているフォーミュラTが購入できません。

フォーミュラTバージョンのCitrus Blastを紹介してしまったので、購入したい方もいらっしゃると思います。サイトは普通のショッピングサイトですから、特に難しいところはありませんが、英語が苦手な方のため、解説します。

サイトへGo!

まずはWet Shaving Products(以降はWSPと省略)のサイトへ行きましょう。以下の画像で移動できます。

まずはユーザー登録をしましょう。ややこしいのは登録と住所の登録です。それが終われば、普通にショッピングできます。料金の計算が簡単になるので、ユーザー登録し、ログインし、それからショッピングを行うことをおすすめします。

ユーザー登録

上部に表示されている、”Create Account”のリンクをクリックしてください。

“First Name”には、氏名の名をローマ字で入力します。
“Last Name”には、氏名の氏をローマ字で入力します。
“Email”には、メールアドレスです。有効なメールアドレスを入力してください。
“Password”は、パスワードです。ログイン時に使用します。

入力後、”Create”ボタンをクリックすると、ユーザ登録完了です。既にログインしています。

時間が経つと自動的にログアウトします。再度ログインするときは、上部の”Login”リンクを押してください。次にメールアドレスとパスワードを指定し、ログインします。

登録後やログイン後は、このページが表示されます。”Order History”は「注文履歴」です。まだ何も購入していないため、表示されていません。

右側、”View Addresses(0)”と表示されています。数字は登録しているアドレスの数です。まだ、住所を登録していなため、0になっています。さっそく住所を登録しましょう。”View Addresses(0)”自体がリンクになっています。これをクリックします。

住所登録

緑色の矢印が示す、”Add A New Address”ボタンをクリックしてください。

住所の登録フォームが表示されます。

まず、”Country”で”Japan”をもしくは選択してください。すると、”Province”の欄が日本の都道府県名のローマ字表示に変わります。自分の住んでいる都道府県を選択してください。

続いて”Zip Code”を入力しましょう。郵便番号です。ハイフン(”-“)を入れずに7桁の数字をつなげて入力してください。

“City”には市町村の名前です。もちろんローマ字です。

“Address1″に町名と番長号を入れます。番長号の数字をハイフン(’-‘)でつなげ、その後に町名をローマ字表記します。

たとえば、大曲町1丁目2−3に住んでいるなら、”1-2-3 Oumagari”になります。

これで住所の入力は終了です。”Add Address”ボタンをクリックすると、入力した住所が登録されます。

登録後のページです。右側に登録した住所が表示されます。

万一、間違えていたら、”Edit”リンクをクリックしてください。同じような入力フォームが表示され、修正できます。

ソープ購入

実際に、ソープを購入してみましょう。上部のメニューにある”Shaving”にマウスカーソルを当てると、シェービング関連の商品カテゴリーがリストされます。

“Shaving Soap”をクリックします。

上記のようにソープがリストされます。もちろん、商品の入れ替えなどで、順番はかわります。

既にこのサイトでレビューしている、フォーミュラTの”Citrus Blast”を選んでみましょう。”Limited Run! Formula T Citrus Blast Shaving Soap 4.7 oz”と書かれているソープです。

数量限定のため、売り切れていることもあります。その場合は、別のソープを選んでください。
“Quantity”は「数量」です。

“ADD TO CART”が「カートへ入れる」です。クリックしてみましょう。

カートの内容が表示されます。カートに商品を入れるたびに表示されます。(注意:上図は別のソープを入れた状態でした。値段が異なりますので注意してください。)

ここでも”Quantity”が数量ですので、0にするとその商品の購入をキャンセルできます。

さて、もう一度ソープのリストページヘ戻りましょう。上部のメニューの”Shaving”から”Shaving Soap”を選びます。

ここに乗っている以外にも、ビーガンバージョンと、フォーミュラTのソープには、香りのバリエーションがあります。定番商品は一つのアイテムとしてまとめて表示されています。

上部の図中に茶色の文字で書き入れました。購入したい方のアイテムをクリックすると、商品ページへ移動します。今回は、ビーガンバージョンを選んでみましょう。

上図中の青い丸の部分をクリックすると、香りが選択できます。香りについては、WSPソープの紹介記事を書いていますので、そちらを参考にしてください。

香りを選択すると、”ADD TO CART(カートへ追加)”ボタンが表示されます。個数は1個になっていますので、もっと購入したい場合は、増加してください。

ビーガンバージョンも同様に、他の香りのソープを購入できます。

アフターシェーブスプラッシュの購入

石鹸以外に他の商品を購入したい人もいらっしゃるでしょう。アフターシェーブを例として購入してみましょう。

WSPのアフターシェーブは、「スプラッシュ」タイプに力を入れています。つまり、アルコールが含まれるタイプです。

WSPのアフターシェーブは香りが長続きします。さらに香りを長続きさせたい方は、同じページに表示されるコロンをどうぞ。

では、商品のリストページを表示しましょう。

上部メニューから”Shaving”、”Aftershave & Colognes”を選んでください。

商品のリストページです。

“WSP Artisan Small Batch Aftershave Tonic Splash 100ml”が通常のアフターシェーブスプラッシュです。

青い部分で香りを選択します。

通常品のアフターシェーブは香りが限定されています。ソープと同じ香りのほとんどが、特注アフターシェーブに含まれています。リストページに戻り、”Aftershave Tonic Splash 100ml Scented to Order”を選んでください。

こちらの特注品は、注文を受けてから製造します。つまりあらかじめ作っておいたスプラッシュのベースに香りを混ぜるわけです。

通常品は多分、他の小売りでも販売されています。それ以外の香りは直接注文するシステムになっているようです。

では、リストページに戻りましょう。

“Sample Size Afetrshave…”はサンプルサイズです。

“Cooling (Mentholated) WSP Small Batch…”は、メンソール入りのアフターシェーブスプラッシュです。スースーしたい方向けです。

アルコールの含まれないアフターシェーブバルムは、”Aftershave Balm Cooling Artisan Small Batch 3.4oz 100ml (Scented to Order)”になります。スプラッシュほど香りの種類は豊富ではありませんが、25種類あるので十分でしょう。

次にコロンを紹介しましょう。コロンも通常品と、特注品と分かれています。一般にコロンがソープやアフターシェーブより値段が高くなるのは、中に含まれる香料の濃度が濃くなるからです。香料は値段が張る原料なのです。

“WSP Cologne Spray (EDP Strength) 100 ml”が通常品のコロンです。EDPは香水で使用される言葉で、原料の香料のパーセンテージを示します。オー・ド・パルファム(Eau de parfum)の略で、10から15%です。

我々日本人の馴染みがある「オーデコロン」は3から5%、オードトワレが5から10%ですので、かなりキツ目です。

香りが強い分、持続時間は長くなり、EDPで5時間程度、コロンは1から2時間、トワレで3から4時間です。一番強いのはPerfume、フランス語読みでパルファンですが、これは15から20%の香料を含んでいますので、5から7時間、香りが持続します。

通常品にない香りは、特注品で頼みます。特注品というのは注文が入ってから作成するということです。”Cologne Spray Premium Scents (EdP Strength) 100 ml”が特注コロンです。

さて、実はコロンを紹介したのは別の意図があるからです。

商品を購入するときは、やはり香りが気になりますよね。事前に知りたいですよね。

通常は、そのため量が少ないサンプルを注文します。しかし、サンプルは割高です。WSPのサンプルソープは4.99ドルです。一つ1オンスです。

ところが、コロンのサンプルは一つ2ドルです。半分以下です。香りを確認するのであれば、こちらのコロンのサンプルを購入したほうが得でしょう。気に入らないソープはどうせ使わなくなりますから。

ただし、コロンの香りはソープよりも強いことに気をつけてくださいね。

サンプルコロンの購入

(注記:私はまだサンプルコロンを購入していません。この記事を書くために、調べているうちに見つけ、これは香りの確認に使えると気づきました。)

まず、気になるソープの香りの名前をメモっておきましょう。次に、”Sample EDP/Cologne Fragrance Vial 1ml”を選んでください。

この商品ページには個数しか指定するものがありません。香りは後ほど指定します。サンプルを購入したい数を指定したら、”ADD TO CART”ボタンをクリックしてください。

ショッピングカートの状態です。紫の矢印野崎の入力エリアが、注文のメッセージを書き込む領域です。ここに、購入したい香りの名前を間違えずに記入しましょう。

間違えたり、注文するサンプルの数と合わなかったりすると、確認のメールが来るでしょう。英語ができる方であれば、対処できるでしょうが、できないとパニクるでしょうから、間違えないのが一番です。

さて、注文したい商品をカートに入れたら、購入手続きを続けます。右下の”CHECK OUT”ボタンをクリックします。

購入手続き

配達方法の選択です。

“Shipping Method”は「配送方法」です。USPSの配送方法を選びます。国際配送の場合、重さが2ポンド、約900グラムまでしか安い”First Class International”で送れません。

それ以上の重さになると、重さに合わせて別の包装方法になります。重さに合わせて、複数の配送方法が選べるようにもなります。(ただ、本来軽い場合は配送方法がたくさん選べ、重くなるにつれ限定されるのが通常です。どうも、国際配送の選択と計算に不具合があります。)

たくさんカートに商品を入れ、その後減らしても送料が69.95ドルで固定されて表示される不具合が起きることがあります。逆に、22.50ドルで固定される場合もあります。そうした場合は”Shipping method”というリンクが上部にありますので、それをクリックしてください。このページが表示され、正しい金額が計算されます。

いつでも送料の値段が何かおかしい時は、”Shipping method”をクリックしてください。再計算されます。

複数住所を登録している場合、このページで配送先を選ぶ事になると思います。私自身では確認していません。

送料に納得し、購入する商品の香りや数に間違いがなければ、先へ進みましょう。”Continue to payment method”のボタンをクリックします。

支払い方法の選択です。カードとPayPalが利用できます。カード支払いを選ぶ場合は、カード情報を指定してください。

最後に

私が注文したとき、4つまでは22.50ドルで行けました。

ですから、違いを確かめるためビーガンバージョンとフォーミュラTを最低1つずつ、それと気になる香りのチェックでコロンのサンプルを利用するのが賢かったかなと今は思っています。

本当はもっとソープを購入しようと考えていたのですが、どうやらコロンのサンプルを活用することで、実際に購入するソープは減らせそうです。今、既に4つ手元にあるため、これだけで「2年間」分あります。クリームも同じくらいあります。

私は本来、あるものを使ってしまいたいタイプの人間ですので、レビューやサンプルをたくさん購入するのは気が重いのです。WSPに関しては、良い解決策が見つかりました。

コメントを残す