レビュー、Taylor of Old Bond Streetシェービングクリーム(ローズ)

The Taylor of Old Bond Streetのローズシェービングクリームのレビューです。

共通する部分も多いため、サンダルウッドのレビューも、参考にしてください。

香り

商品紹介に書かれている通り、ローズ+ゼラニウムの香りです。とはいえ、香りがイメージできる人は少ないでしょうから、可能な限り文章で説明してみたいと思います。

バラの香りに詳しい方であれば、「フルーツ香のばらと甘さ控えめなティーローズの香りを混ぜた」香りを想像してください。傾向の違うバラの香りがイメージできる人は少ないでしょうから、この説明は難しいですね。

バラの香りは様々ですが、精油を取るバラはほぼ種類が限定されています。そのため、化粧品に使用される「バラ」の香りはほぼ同じイメージです。一般的に「バラ」の香りの化粧品や、高級化粧石鹸で馴染がある、甘く強い「バラ」の香りです。

天然のバラの香料は高価です。そのため人工的にバラの香りが合成できるようになる前は、安い製品にはローズゼラニウムが使用されていました。ある程度年齢が上の方であれば、ロッテの「イブ」というガムがあったのを覚えていらっしゃるでしょう。あの香りです。(途中から本当のバラの香りも添加されるようになりました。)このクリームで使われているローズ+ゼラニウムは、このローズゼラニウムとはまたちょっと異なりますが、似ています。

ローズゼラニウムよりバラの香りを強くした、逆に言えばゼラニウム香を弱くした感じです。ローズゼラニウムの香りをそのまま使用しているわけではなく、ローズを主体にゼラニウムを感じる程度に混ぜているようです。この組み合わせは、アロマテラピーではよくある組み合わせなので、詳しい女性の方であれば想像がつくでしょう。

アロマテラピーに興味ないし、若い男性だからわからない?でしたら、まずバラらしいバラの香りを思い浮かべてください。それに少し若いイチゴの香りを混ぜてください。それです!その香りです!アイスクリームに入っていたら、おいそうだと感じるでしょう。

手元に届いた製品の香りは弱いものでした。今回はチューブではなく容器入りで、TOBSから直接購入しました。ですから、偽物ではなく本物です。

ただし、いろいろなサイトのレビューをみる限り「よく香る」というコメントもあります。

開けてみると表面部分が、さくっとする程度に固くなっていました。(人気のあるサンダルウッドは、そんなことはありません。)推測するに、ローズはあまり人気が高くないため、商品の回転が良くないのだと思います。製造後、店頭か倉庫に長年積まれていたものが送られてきたのでしょう。容器は蓋がしっかり閉まっていましたが、TOBSのクリームの容器に採用されている、ポリプロピレン製の内蓋はただ乗っかっているだけで、パッキンとしては完璧なものではありません。水分と香りが逃げたのだと思います。

もちろん商品の設計としては、バラの香りは強く付けていないでしょう。基本的にシェービング商品は男性向け商品です。香りの分類としては女性向けのバラの香りを強くつけ、後々まで香り続けることはしていないと思います。その点、強い香りを入れることで、シェービング後ある程度まで男性的な香りを持続させるように設計されたサンダルウッドクリームとは、方針が異なります。

ですから私のレビューが、香りが弱めであっても、他の人の手元に届く商品の香りも弱いかどうかは、保証できません。このまま、乾いた製品を売っていれば、ますます売れなくなるでしょう。人気がなければ、廃盤になる可能性もあるかもしれません。

薄いピンクです。GEO.F Trumperのようなどぎつい着色はされていません。Trumperのクリームは、泡立てた後にもうっすら色が残るようにするために着色料が多く使用されています。TOBSのクリームは逆に、泡立てれば色は消える程度に着色してあります。

テクスチャー

クリームのテクスチャーはサンダルウッドよりやや柔らかいですが、製造ロットによる誤差の範囲かもしれません。TOBSのクリームのうち、ナチュラルやアボガドや肌の弱い方向けの商品は、他のクリームとは構成が異なり、そのためクリーム自身の感触や、でき上がる泡のテクスチャーがやや異なる傾向があります。

サンダルウッド、ローズなどは、香りと色を入れ替えただけで、基本的な製品の構成は似ています。そのため、当然のことながらこのローズは、サンダルウッドと使用感が似ています。

個人的な感想

私はバラの香りを嗅ぐと、幸福感を感じるので、バラの香りのクリームが好きです。時々気分転換に使いたくなります。今回TOBSから直接手元に届いた製品は私の好みからすると、香りが弱すぎます。今回の二倍程度の強さで調度良いくらいです。

ただ、前記の通りに、製造から年月が経ちすぎている可能性も否定できません。数年後に、気が向いたら再度試すかもしれませんが、すすんで再度購入しようとは思いません。

香り自身は良いと思います。

もちろん、シェービングクリームとしての滑りの良さや泡の持続性など、基本的な性能には文句がありません。ですから、もし「クラッシクな高級石鹸の様な本当のバラの香り」を求めているのであれば、おすすめしませんが、「軽くて甘すぎず、軽やかなバラの香り」を求めているのであれば、おすすめします。

コメントを残す