フェザー、ハイステンレスを一枚33円でまとめ買いする

両刃カミソリの替刃の中で、日本で入手しやすいのはフェザーのハイステンレスです。10枚パックで500円ちょいで販売されています。どうせ使うものなので、まとめ買いすると安く手に入ります。(

追記:紹介先のアマゾンでは売り切れたようです。こちらのeBayでは、さらに安く送料込み24ドルで購入できます。

カートリッジ式に比べ、替刃が安いためクラッシックシェービングを始めた人にはショックなことに、去年値上がりしました。日本の通販では旧価格で入手できるところも枯れてしまいました。

私は入手性を考え、ハイステンレスをメインに使っています。新しい刃は鋭いのですが、髭がぱちぱちと跳ねる感じが強く、剃りづらいようです。(追記:この記事を書いた直後に、ぱちぱち跳ねるという評価を読んでしまい、印象が刷り込まれたようです。より正確に記述するなら、順剃りでも跳ねる感じがするときは、髭が十分に柔らかくできていない、準備不足の場合です。)3回目頃から使いやすくやり、10回程度まで使います。やや鈍くなった刃で角度をやや鈍角気味にし、同じ箇所をゴリゴリと剃る「根掘り」が好きなので、少々鈍くなってからのほうが使い良いのです。刃が新しいうちは追い込み(深ぞり)しません。(追記:今は根掘りをしなくなりました。輸入で安く購入したからです。早めに4から5回剃ったら交換しています。)

長所と共に欠点も含め、商品の性質を覚えて使いこなしたいため、あまりシェービングの製品は変更しません。特に替刃はこれがメインです。

欲しい商品は、最初に国内を探し、値段に満足できなければ国外を探します。送料がかかるので基本まとめ買いです。ですから本来はどんな製品でも良いのですが、急に入手したいと思った時に入手できることも考えると、ハイステンレス一択です。

ハイステンレスであれば、薬局チェーンを数件回れば、置いてある店は見つかりますし、私の自宅から少々離れたホームセンターには必ずあります。数日余裕があるのならば、アマゾンで翌々日には配達されます。(追記:現在はこれだけ購入すると、配送料が必要になりました。)いつも手に入る安心感があります。

入手法

前記の通り、最近まとめて入手しようとしたら値上がりしており、旧価格では入手できなくなっていました。困った時の米アマゾンで、現在100枚組が一番安いショップだと26ドルで入手できます。しかし、日本への発送はできませんでした。

そこで、ショップを全部あたり、値段と送料を比べてみました。実際には日本へ発送してくれるショップは数件しかありません。その中の一件、PW Shopが日本への送料が無料で、28.55ドルで販売しています。私が購入した時点のレートですと、3376円でした。

  1. 登録したことがなければ、アメリカのアマゾン(amazon.com)でアカウントを作成してください。日本のアマゾンで作る場合と全く同じです。
  2. ハイステンレスの100パックを扱っているショップの一覧ページを見てください。その中のPW Shop(ロゴが読みづらいです)の”Add to cart”ボタンをクリックします。
  3. 後は、日本のアマゾンで購入する場合と同じ手続きです。送付先の住所を選び、配送方法などを指定し、最後に値段の確認になります。
  4. 支払いは円とドルが選択できます。おすすめは円建てで支払う方法です。通常の為替レートよりアマゾンのレートのほうが手数料が入る分ドル高になるのですが、カードであろうとPayPalであろうと手数料が入るのは同じです。しかも、決算時のレートが現在より円安ドル高になる可能性もあり、日本円での価格が変わってしまうこともあります。日本円で支払えば、決心した時の価格で入手できます。
  5. タイのショップです。2日営業日以内で発送されます。商品は郵送されて来ます。今回の注文では10日で手元に届きました。
  6. 5枚パックの商品が20組みで、100枚です。まだ、手元に未使用の替刃が5枚ほどありますので開封していませんが、まあ問題ないでしょう。

フェザーの替刃を嫌いな日本人も多いようですが、私と同様にハイステンレス一択の人も結構いらっしゃるようです。そういう人達に参考にしていただければ幸いです。(商品が売れ切れたら、ごめんなさい。まだeBayでも同じくらいの価格で販売しているショップがあります。ただ、送料などが余計にかかります。)(追記:国際送料も無料なショップが多くなりました。競争バンザイですね。)

コメントを残す