アラントインを使用したローション

ひげそり後に使うアフターシェイブローション、気に入ったシンプルな製品が販売されていないため、いろいろ工夫してきました。この半年程度、アラントイン配合のローションを使用しており、調子が良いので紹介します。ひげそり後にかかわらず使用できます。

以前紹介したバージョンは、ひげそり後に使用する「アフターシェーブローション」でした。最近は配合を変更し、ひげ剃り後の顔だけでなく、乾燥肌の対策も兼ねて全身に使用しています。

もともと乾燥肌だったわけでありません。どちらかといえば脂質肌でしたが、年を取ったのか油気がなくなり、冬にかゆみが出るようになりました。(他界した父親も最後の数年間、肌のかゆみに悩まされ、医者の判断は細菌などが見つからないため、乾燥肌のためという判断でした。しかし、入浴させていた私もだいぶ若いのに同じようなかゆさを感じるようになったということは、感染症の可能性もあるかもしれません。)

そのため、保湿とかゆみ対策に自作ローションを使用しています。

以前紹介したシェービングローションへグリセリンを配合したのは、保湿目的でした。今回のバージョンにも使用しますが、1%とだいぶ少なくしています。私達が分泌する成分は皮脂腺や肌の常駐菌により分解され、その際グリセリンも自然に供給されます。時間が経てば自然に保湿成分に覆われるわけです。それまでの間、多少繋げれば良いという考えで、今回は1%にしました。

アラントインは、保湿の目的に使用されることがありますが、直接水分を保持する成分ではありません。この成分は角質層を柔らかくし、回復力を高める働きがあります。その結果、肌の機能が回復し、「みずみずしく」なるのです。また、かゆみを抑える働き(抗炎症作用)もあります。こうした特性から、化粧品だけでなく医薬品の塗り薬や医薬部外品の商品にも幅広く配合されています。

アラントインを使用する自作ローション(100ml)

  • 蒸留水 100ml
  • グリセリン 1ml
  • アラントイン 0.2g

蒸留水か精製水(アラントインを加える場合、水道水ではだめです)にアラントインを加え、よく溶かします。溶けづらい場合は、多少温めましょう。保存容器に入れて、肌の温度が伝わるポケットにでも忍ばせておけば体温で温まり、溶けます。

溶かしきらずに粉を残していると再結晶しやすいため、底にいつまでも溶け残りが溜まります。完全に一度溶かしきりましょう。この濃度であれば、一度溶けたら冬でも再結晶しません。最後にグリセリンを1ml加えます。

水道水はミネラルが含まれてており、また水道管を保護するためにアルカリ性になっています。アラントインはアルカリで分解してしまうため、水道水は使用できません。ミネラル分がほとんどない蒸留水か精製水を使用しましょう。蒸留水と精製水は空気中の二酸化炭素を取り込み、通常酸性になっているため、アラントインは分解されずに残ります。

自作の化粧水を使っている方の中には、他の成分をいろいろと加えている情報を目にしますが、自作ローションがアルカリ性だと分解され、効力を発揮しません。知識がない場合は他の成分を混ぜず、このようにシンプルに利用しましょう。

厳密に言えば体積は101ml+アルファ、重さは100グラムを超えます。そのため、厳密にはアラントインの含有量は0.2%ではありません。また、よほど精密な計りでなければ0.2グラムを正確に計れません。しかし、自分で作り、自分で使用するならば、それが問題になることはないでしょう。

日本のアラントイン配合の最大配合基準は、厚生労働省により基準が決められています。(基準のため、化粧品や薬により多かったり、少なかったりします。)

  • 粘膜を含む箇所(上限0.2%)
  • 粘膜を含まない箇所(上限0.3%)
  • 洗い流す場合(上限0.5%)

要は、「粘膜に塗る可能性があれば0.2%まで、粘膜には塗らないが洗い流さない場合は0.3%まで、粘膜に塗らないが洗い流す場合は0.5%まで」です。もちろん、個人で使用するのであれば、より少なくしても構いません。

25度の水で0.5%しか溶けません。飽和状態です。水温が25度より低ければ、より溶けません。

自分自身で実験したところ、0.2%からだんだんと高配合にしていっても、さほど効果に変化はありませんでした。どの成分でも同じことが言えますが、少量の化粧品や薬を伸ばして皮膚に広げる場合と、たっぷりと塗る場合では、肌の上に残る成分量は異なります。私の場合は薄めに作っておき、痒みの強い部分は重ね塗りをしています。(さらにパッティングを行い、肌に浸透させます。)

ネット上の情報の一部には、スプーン一杯加えるとかいい加減なものが多いようです。アラントインはごく少量で効果があります。入れすぎないようにしましょう。アラントインはさほど水に溶けない性質ですので、多く加えても溶けきれません。温度を上げることで溶かしても、温度が下がれば飽和して、再結晶してきます。適切な濃度にしましょう。

このローションはシンプルです。肌を覆うことで水分の蒸発を防ぐ成分は含まれていません。特に肌の乾燥する部分やひび割れている箇所には、ローションを塗ったあとに上質のワセリンなどで覆うことをおすすめします。

使用感

最初にアラントインに目をつけたのは、かゆみ対策ではなく、ひげ剃り負けを早く回復させる成分を求めていたときでした。前に紹介したローションの記事の最後に書いたとおり、手頃な添加物を探していました。抗炎症作用があるため、ひげそり負けを起こした場合の痛みやかゆみを抑えてくれます。ダメージを回復させる作用があるため、カミソリの刃で傷んだ皮膚を回復させるにはもってこいの成分です。

そこで前回紹介した水+グリセリン+アルコール+メンソールのアフターシェイブローションに、アラントインを全量の0.2%になるように加え、使用してみたところカミソリ負けの軽減に非常に役立ちました。(当時、水を多く含ませて剃る方法を検証中で、力具合がまだつかめておらず、カミソリ負けが多かったのです。初めてこの配合を使用するとき、使用感に余計なフィルターをかけないように、冷静に判断したのですが、痛かゆい感じが10分程度で感じなくなり、その効果に驚きました。)

現在は、アルコールとメンソールを省いています。これは冬になり冷感が不必要になり、さらにシェービング後のアフターシェイブだけではなく、乾燥とかゆみを防ぐため全身に使用しているためです。

私の場合、きちんと肌に浸透させれば、かゆみ止めとして1日効果は持続するようです。肌に浸透させるには、軽く肌に叩くパッティングが有効です。(パッティングも有効だとか、逆に役に立たないとか、意見がいろいろあります。否定されたり、肯定されたりします。)

保湿感に関しては、グリセリンの量を1%に減らしたため、何もつけないときよりは多少マシな程度です。かゆい箇所と荒れている手や足の裏には、このローションを塗り、乾いた後にワセリンを重ね、水分が飛ばないようにカバーしています。

保湿という点ではワセリンのほうが役立ちます。一度たっぷりと塗り、その後ティッシュで拭き取る方法です。紙で拭き取れるところは、何かに接触して取れてしまう場所です。紙で拭き取れない凹んだことろが傷んでいる可能性があるわけです。そうした箇所にワセリンを残しつつも、自分の周辺をベトベトと汚さないで済む良い方法です。ワセリンをケチって少量を広げようとしても、ひび割れた奥とか細かい傷の部分がカバーできません。多めに使用し拭き取る方法をおすすめします。

アラントイン入手先

アラントインは医学部外品の原料リストに乗っています。つまり、特別な許可がなくとも小売は自由に行なえます。化粧品の原料として、検索すれば通信販売で購入可能です。

アラントインは様々な動植物に含まれています。コンフリーの根と葉から抽出されるという説明をよく目にしますが、販売するにあたって「自然」を強調し、印象を良くしているのでしょう。しかし、これはたぶん間違っています。

確かにコンフリーには成分として含まれており、アラントインも含まれているエキスは抽出され、販売されています。しかし純粋なアラントインは抽出ではなく、科学合成で製造されています。なぜなら、アラントインの販売価格は安いからです。値段の安い尿酸から合成できるからです。もし、天然物から抽出しているとすれば原料の収集と成分の抽出に手間がかかり、アラントインの市場価格はもっと高額になっているはずです。(日本の情報はコンフリーから抽出というものが多いため、数時間英語情報を探しましたが、それを証明するデータは見つかりませんでした。たぶん、コンフリーに含まれているという情報を誰かが「抽出する」と間違え、もしくは捏造し、それが広がったのだと推測します。)

ですから、我々が入手できるアラントインは化学合成されたものです。いかにも自然由来であるように紹介しているサイトは情報が不正確だと考えられます。

日本の製薬会社では取り扱いをやめてしまったところもあるようです。つまり昔から製造販売している原料であり、製造が難しい成分ではないため、値段で中国製などの製品と張り合えないでしょう。

日本では化粧品の原料として10グラム300円程度、50グラムで1300円程度で小売販売しているところが多いようです。10グラムの場合は送料が安くつくため、合計で500円程度で購入できます。

100mlのローションを作成する場合、必要なアラントインは0.2グラムです。つまり、10グラムあれば50回分、5リットルのローションが作成できます。

私の場合、一年前に購入した10グラムがまだ残っています。しかし、残りも少なくなってきたので、購入先を探していました。前に購入した日本のアマゾンのショップは販売しなくなったため、別の場所を探していました。そのときに「500グラム21ドル」で米アマゾンで販売しているのを見つけました。「送料無料」になっていましたが、米アマゾンの「送料無料」は通常アメリカ国内だけに適用されます。そこで、送料を確認するために買い物かごに入れ、最終確認の手前まで進めてみたところ、日本に送ってもらう場合でも送料無料でした。

そこで、後先考えずに日本円で約2,500円で購入しました。それが、昨日到着しました。イギリスからの発送で、約20日かかりました。ジッパー付きのアルミパックです。詰めた場所がバーミンガムと記載されていますが、製造国の記載はありません。たぶん、製薬王国のインド製か、値段の安い中国製でしょう。前述の通り、昔から存在する成分です。さほど製造に技術が必要な成分ではありません。そのため、生産国はあまり問題ではありません。

アラントインが多めに必要な方は、amazon.comから直接この製品を購入されることをおすすめします。このショップは、海外への発送もお手の物です。

amazon.com、アラントイン500g

このショップが運営するサイトから直接購入することもできます。その場合、商品の値段自体は安くなるのですが(500グラムで10ユーロ程度)送料が高くなり、結局アマゾンの価格とほぼ同じになります。それならば、保証が充実している米アマゾンから購入したほうが良いでしょう。

お分けします

家族にもこのローションを勧めようと思います。全身に使用するとして、一年で100グラムあれば良いでしょう。(本当は50グラムでも十分なのです。近所に寝たきりの人が増えてきて、肌のかゆみに悩んでいるようなので、機会があったら分けてあげるために多少手元に用意して置くつもりです。)

腐るものではありません。販売しているショップによっては「開封後半年」、「未開封で1年」などと独自の基準をつけているところがありますが、科学的な根拠はないはずです。高温にならない場所で、紫外線に晒さず、湿気を避けていれば、安定している成分なので劣化しません。

多少の吸湿性はあります。細かいパウダーなので、乾燥状態でも圧力を加えるとダマになります。多少ダマになったからと言っても、問題ありません。

しかし、ジッパーを閉めていても少しずつ吸湿するものです。小さい袋であれば、適当な缶やガラス瓶に入れ、乾燥剤を入れておけばよいのですが、さすがに全部で500グラムともなると、入れる密閉容器も乾燥剤もありません。そこで400グラム分を格安にお分けします。

20グラム、送料込みで500円(税込み)でいかがでしょうか。もしくは50グラム、送料込みで1,000円(税込み)でどうでしょうか。ネットの販売価格より大幅に安いです。このサイトをご覧の方限定、早いもの勝ちです。

私の場合ですが、一人で全身に使用するために10グラムずつ購入すると、送料がかかる分割高感がありました。たとえ腐らないものであっても、一年から二年で使い切りたいので、30グラムは必要ありません。20グラム程度が使い切りやすく、ちょうど良いかと思います。

家族と一緒に全身化粧水として使用する場合でも、50グラムであればかなり保ちます。0.2%で自作すれば25リットル分です。約一年で使い切るなら、一ヶ月で約2リットル強使えます。たっぷりと使えるのではないでしょうか。

ただし今回の小分けは、当サイトをご覧の方で、このページをご覧になった方限定のサービスとして実施するものです。宣伝はしません。このページを見つけ出したラッキーな方のみに販売します。

手間がかかるため商売として継続はできません。(小分けのためにアルミパックや封筒などを購入しました。利益を計算しましたら、20グラムで288円、50グラムで425円です。計量し、パックし、宛名を書き、封筒に詰めて郵便局へ持っていく手間を考えると、ビジネスとしては成り立ちません。このサイトをご覧になっている方へのサービスです。)

また、安くお分けするため、以下の手順と販売方法に納得していただける方のみにお譲りします。(こうした小分け販売も通信販売になるため、特定商取引法で定められている情報を求められたら開示しなくてはなりません。私の個人情報ですのでサイト掲載に二の足を踏みましたが、よく調べてみるとサイトに記載しなくても取引が成立する前にメールで送るか、求められてからメールで通知する方法で問題がないようです。そのため、今回は事前にメールでお伝えする方法を取ります。)

販売手順

1.購入希望の方は、まずhirokws@gmail.comまでメールで連絡ください。注文は順番にお受けします。在庫がある場合は返信いたします。在庫がなくなった時点で販売終了です。在庫確認のため、最初にお名前と20グラム/50グラムのどちらをご希望なのかのみご連絡ください。(最初のメールには住所など、名前以外の個人情報は記載しないでください。)

2.在庫がある場合は返信メールにて、特定商取引法で定められている販売方法・販売者の情報をお送りします。支払い方法はPayPalか三菱住友UFJ銀行の普通口座への振込の2通りです。どちらの支払い方法をご希望か、返信でお知らせください。その際、以下の情報を知らせてください。

ⅰ.PayPal払いの場合、住所とPayPalの請求先メールアドレスをお知らせください。指定されたメールアドレスでPayPalから請求いたします。支払い確認後、指定の住所へすぐに郵送します。(私は実際にPayPalで請求したことはまだないのですが、問題なく行えると思います。万一、PayPalで請求ができなかった場合は、注文をキャンセルするか、銀行口座へ振り込んでいただくかメールにて確認いたします)

ⅱ.銀行振り込みの場合、先に商品代金を振込みいただき、その後に住所と振込済みであることをお知らせください。振込手数料はご自身でご負担ください。振込を確認後、すぐに郵送します。

利益が薄い小分け販売のため、使用済み・未使用にかかわらず返品はお受け出来ません。ご了承ください。

販売方法

1.郵送します。日本国内へのみ発送します。郵送先、返信先は手書きです。返信先は私の本名と現住所です。もし会社名など別名が良い場合はご指定ください。その名前を返信先として記載します。(住所は変更できません。)

2.領収書・納品書等は発行しません。銀行振込の場合、振込明細票が正規の領収書として利用できます。PayPal払いの場合、決済処理後にPayPalから送付されるメール内容が領収書として利用できます。もしくは,マイアカウントページの「取引履歴」メニューより,該当取引の「詳細」をご覧ください。PayPalからカードで料金が引き落とされる場合は、その利用明細が領収書となります。

3.普通の白色封筒で送ります。クッション材は入れません。違法薬物と勘違いされないように、「アラントイン 20.1g」と付箋紙に書き、パックに貼り付けて置きます。手紙やパンフレット等、一切入れません。

4.チャック付きのアルミパックでお送りします。到着後、湿気と紫外線を防ぎ、保存してください。密閉容器に乾燥剤と一緒に入れ、暗所に保存するのが良いかと思います。(冷蔵庫での保存はおすすめしません。使用するたび開封すると、外気に触れ結露し、結果アラントインが湿ってしまいます。)

5.計量は手持ちのキッチンスケールを使用します。多少の誤差が入ることを考慮し、最低でも20.1グラム、もしくは50.1グラム以上でお送りします。(もちろん、小分けパックの重量は含みません。)

6.すでに説明したとおり、生産国は不明です。パッケージされたのはイギリスです。

7.メールの返信は、数日遅れることがあります。また、品切の場合は最初のメールに返信しないこともあります。(購入希望者多数の場合)最初のメールから数日経っても返信がない場合は、売り切れたと判断してください。

8.アラントインの毒性は報告されていません。認められている副作用もありません。しかし、みなさんの肌質と合わないこともあり得ます。そうした副作用が起きた場合でも、私は責任を負えません。安全な使用量などをよく調べ、自己責任の範囲でご利用ください。

9.万一税務調査などが入った場合の注文契約の記録とするため、連絡したメールの内容は、当方の確定申告後7年間保存させていただきます。(いわゆるメイラーソフトは使用していません。つまり、メールの内容は自分のコンピュータに保存していません。そのため、Google自体がハッキングされて盗まれでもしない限り、メールの内容が漏れることはまずありません。)(税法により、法人の場合は保存期日が明記されていますが、個人事業の場合ははっきりしていません。そのため法人の場合と同様に、7年保存します。現在、税務調査が入るほどの収入はありませんが、将来はわかりませんからね。)

10.アラントインは細かい粉末です。さらさらではありません。湿っているわけでありません。ネット上の情報を見ていると、さらさらしていないために湿っていると勘違いされている方がいます。小麦粉や龍角散のような微粉末のため、さらさらしていません。

11.ローションなど自作化粧品の原料として販売します。

12.前述の通り、使用済み・未使用にかかわらず、返品はお受け出来ません。

追補

私はかゆみ止めの作用に期待して使用しています。ただ、アラントインは様々な医学部外品の製品や薬品に使用されていますが、強いかゆみ止めではありません。ですから、皆さんに効果があるとと保証できません。

アラントイン自体は、「日本薬局方外医薬品規格 2002」と 「医薬部外品原料規格 2006」に記載されています。ネット上で記載されている内容を探しましたが、見つかりませんでした。しかしこの厚生労働省の通達内容を見ていただければ、リストに乗っていることが確認できます。

また、かゆみ止めの作用に関しても、「鎮痒消炎薬の規格及び試験方法について」の通達にアラントインはリストに含まれていますので、かゆみ止めの効果は認められています。

コメントを残す